元エロ本編集者が語る、19歳AV女優の怖い話!! 「朝、起きたら、部屋でユキちゃんが死んでたんです…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

,

――編集者と小説家の黄泉比良坂を彷徨う「BURST」元編集長・ ピスケンこと曽根賢の“死ぬまで忘れられない体験”を綴る連載「無軌道狂気の回転男」シリーズ

画像は「Getty Images」より引用

 1990年から97年までの7年半、私はエロ本編集者(兼男優)をしていた。その間ざっと200人ほどのモデルたちを撮影し「からんで」きた。

 その中には、今も忘れられない顔がいくつかある。たとえば「単体モデル」のA子だ。その日A子はひどく泣き腫らした顔をして、待ち合わせ場所の新宿「中村屋」の喫茶店へ来た。

「どうしたの?」と訊いても、無理に笑顔を作り理由を話さない。スタッフ一同(といっても、カメラマン、ヘアメイク、編集者2人の計4人だけだが)、もやもやとした気分で撮影スタジオへ向かった。

 A子は典型的な妹タイプの、幼い顔とからだをした娘だった。舌っ足らずだが、言葉使いは丁寧で、気働きもいい。

 ベッドの上で、カメラマンの指示に従い、A子はにこやかに股を開く(その19歳の性器の亀裂が、鮮やかな緋色をしていたのを憶えている)。

 だが、フィルム・チェンジの度に、A子は沈んだ横顔を見せ、唇を噛んで何かに耐えていた。その姿に、私は次第にいじらしさを募らせていた。

 午後1時半に遅い昼食をとった。スタジオの広いテーブルで、出前の中華定食を食べた。A子は私たちの話に笑顔を向けるが、やはり食事は喉を通らないようだ。

 編集者としては、ここはそっとしておくべきだ。号泣されたりしたら、その後の撮影に支障をきたす。

 しかし、考えの浅い私はこらえきれず、何が悲しいの? 何があったの? 俺にできることなら相談に乗りたいんだ、と真顔で切り込んだ。

 するとA子の両目から、初めて涙がこぼれた。

「朝、起きたら、部屋でユキちゃんが死んでたんです」

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年8月12日 10:23 | 返信

大きなスコップを持って東京を歩くと職務質問をされると思うから、小さなスコップを数個持っていって公園に埋める。でも労力が掛かるし、公園で穴掘りをしていたらやはり警察官がやって来ると思う。
思い浮かぶやり方は二つある。
1、ベストアンサーは、お金を払って動物専門の火葬屋さんにお願いする。
2、ベターなアンサーは、自治体の窓口で「動物の死骸の担当部門(ゴミ収集部門の関連)」に頼んで、彼女には「公園の桜の木の下に埋めたよ」と伝える。
現実的には、2のやり方をしたのだと思う。

5:匿名 2019年5月24日 12:05 | 返信

砧公園の桜の樹の下にスピッツの屍骸を埋めるのは、違法行為にならないのかな?

4:匿名 2019年5月22日 12:28 | 返信

オチ、つまんねぇ

3:匿名 2019年5月22日 11:21 | 返信

タイトルでドキドキした。ルームシェアで暮らす仲間の女の子がクスリかなんかで死んでたのかと。

2:匿名 2019年5月21日 23:49 | 返信

読ませる文章だな〜
俺は好きだよ

1:匿名 2019年5月21日 18:47 | 返信

日記はブログでね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。