悠仁さまはイエスの生まれ変わり、“刃物事件”で発覚か! 日ユ同祖論、YAP遺伝子、死海文書… 謎が一つに繋がる!

■犯行に使われた「ロンギヌスの槍」?

「ロンギヌスの槍」とは、ゴルゴダの丘で十字架に磔にされたイエス・キリストの生死を確認するために脇腹を刺したとされる聖槍のことである。名は槍を刺したローマの兵士の名が由来とされているのだ。

悠仁さまはイエスの生まれ変わり、刃物事件で発覚か! 日ユ同祖論、YAP遺伝子、死海文書… 謎が一つに繋がる!の画像2
キリストの脇腹を槍で刺すロンギヌス。画像は「Wikipedia」より引用

 ロンギヌスの槍には、「所有する者に世界を制する力が与えられるが、失うと所有者は滅びる」という伝説がある。

 これまで、ローマのコンスタンティヌス1世、西ローマ帝国のカール大帝など歴史上の英雄たちがこの槍を欲し、手にしたとされる。かの悪名高き独裁者であるヒトラーもロンギヌスの槍に執着しており、一説によると、一度は手に入れることが叶ったものの、失ってしまったがために命を落としたという。

■日ユ同祖論

「日ユ同祖論」は日本人とユダヤ人(古代イスラエル人)が共通の祖先を持つという説だ。これが囁かれる根拠としては、日本の言語や宗教儀式などにユダヤの痕跡が感じられるからだという。

 イスラエルの民は当初、12の支族から構成されていた。だが、北のイスラエル王国(10支族:ルベン族、シメオン族、ダン族、ナフタリ族、ガド族、アシェル族、イッサカル族、ゼブルン族、マナセ族、エフライム族)と南のユダ王国(2支族:ユダ族・ベニヤミン族)に分裂。紀元前8世紀頃、イスラエル王国はアッシリアによって滅ぼされ、10支族はアッシリアに連行された。しかし不思議な事に、その後10支族は消息を断ってしまうのだ。

 では、彼らは一体どこに行ってしまったのか? 世界各所に散らばったと言われているが、その一部が日本に渡ってきたというのである。

悠仁さまはイエスの生まれ変わり、“刃物事件”で発覚か! 日ユ同祖論、YAP遺伝子、死海文書… 謎が一つに繋がる!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル