【閲覧注意】デモ参加者の脚が“もぎ取られる”激ヤバ拷問映像が流出! 切断面を顔面に押し付け… 残虐すぎるスーダン治安部隊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】デモ参加者の脚がもぎ取られる激ヤバ拷問映像が流出! 切断面を顔面に押し付け… 残虐すぎるスーダン治安部隊の画像1画像は、「BestGore」より

 昨年12月19日、スーダン政府がパンの価格を3倍に引き上げたため、同国では深刻な物価高と物資不足が発生した。このことをきっかけに複数の州で抗議デモが起き、約30年にも及ぶ強権支配を敷いてきたオマル・ハッサン・アハメド・バシル大統領の退陣を求める全国的な反政府運動に発展した。

 そして先月11日、軍部のクーデターによってバシル大統領が辞任し、身柄を拘束された。しかし、デモ隊は軍による暫定政権を拒否し、自由や民主化を求めて抗議を続けた。その結果、デモ指導部と軍は、民間人と軍人による合同統治評議会を新設することでは合意したが、組織のメンバー構成をめぐって意見の対立が表面化。現在もデモは収束していない。

 軍とは別行動の治安部隊はデモ隊としばしば衝突し、すでに多数の死傷者が出ている。スーダン医師中央委員会(CCSD)は今月6日、昨年12月にデモが始まってから、少なくとも90人のデモ参加者が殺害されたと発表した。死因として、治安部隊に銃撃されたことや催涙ガスを大量に吸い込んだこと、治安部隊の車両に轢かれたことなどが報告されている。治安部隊に拷問を受けたという情報もあり、それを裏付けると思われる動画が海外の過激ニュースサイト「BestGore」で公開されている。

 動画には、地面に倒れている男性の姿が映し出される。迷彩服を着た者たちが男性を抑えつけ、彼の左脚をナイフで切り落とそうとする。男性が叫び声を上げると、周りを取り囲んでいる者が彼の頭を棒で打ち据える。男性は抵抗することすらできずに、左脚をもぎ取られてしまった。しかも、その左脚の傷口部分が男性の顔に押し付けられるという、吐き気を催す残虐さである。

 スーダンは現在、2010年末から11年にかけて北アフリカや中東諸国で起こった民主化運動「アラブの春」と似た状況下にある。「アラブの春」を経験した国々には失敗例も多い。リビアは国家分裂状態に陥り、シリアやイエメンは内戦に突入した。こうした国々を見てきたスーダンが今後どのような道を歩むのか、世界中の注目を集めている。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

7:匿名aki 2019年5月16日 19:21 | 返信

 悪いが ほんと土人と言うしかないね
やられてる方が明らかにやせ細って体格的に劣る 貧しいが暴力に頼らず、話し合いで解決を望んだ文明に近い方がこうなる  発展のない後進国の姿は胸糞やね
希少鉱物の埋蔵が発見されるたび、奴らによって紛争地域にされ非のない市民が巻き添えをくう
その手先となる米軍の戦費を捻出、提供する霞ヶ関
水、農耕等あらゆる技術や援助を民間からも支援する多くの善良な日本人の活動も無駄にする世界の構図の結果がこんな世界だ

6:匿名 2019年5月14日 08:11 | 返信

彼らに必要なのはユニセフによる支援じゃなくてアメリカによる核だわ
今すぐ募金やめて子供から根絶やしにしていくべき

5:匿名 2019年5月14日 01:47 | 返信

貧しい国で食料品の値上がりは死活問題だろ
そりゃ自衛隊も送り込まれるわ

4:匿名 2019年5月14日 00:52 | 返信

25年前のルワンダの写真よりは少しはマシ。

3:トランプ大統領 2019年5月13日 23:31 | 返信

ゲーム・コナン・アウトキャストをやると相手を殺して解体すると切断された手足が武器として使えるが、それと同じか?殺すつもりはなく切断して痛めつけるのはもしかして、私の支持者?
私の周りにいる敵対勢力にやるのは止めないが、そんなに害の無い人にやるのはやりすぎ。
殴って半殺し程度に済ませるべきだ。切断するなどイスラム過激派やメキシコの麻薬組織のようだ。
治安部隊のやることではない。希望としては処刑するなら、油で揚げてもらいたい。

2:悲しいけど 2019年5月13日 23:12 | 返信

コレ土人なんだよね

1:匿名 2019年5月13日 22:54 | 返信

土人はいつまでたっても土人

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?