【閲覧注意】巨大ニシキヘビに首を絞められて死にゆく男の悲惨すぎる姿! その凶暴さと“呪い”を恐れて周囲も見殺しに…!=ガーナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】巨大ニシキヘビに首を絞められて死にゆく男の悲惨すぎる姿! その凶暴さと呪いを恐れて周囲も見殺しに…!=ガーナの画像1画像は、「GhanaWeb」より

 ガーナ北部の都市ダモンゴで昨年10月、男性がニシキヘビに絞め殺される事件が起こった。このときの様子をとらえた衝撃的な動画が同国メディア「GhanaWeb」で公開されている。

 側溝の中に仰向けの状態で倒れている男性の首には、マフラーのようにニシキヘビが巻き付いている。近づく者をニシキヘビは威嚇する。その凶暴さに、誰も手出しできずにいるが、最終的には角材を使って男性からニシキヘビを引き離すことに成功した。「GhanaWeb」は、住民たちは霊的な影響が及ぶのを恐れて男性を積極的に助けようとしなったとも報じている。

 ニシキヘビが巻き付いている男性は、呪術師の弟子、セイムド・アダムさんだ。ガーナ誌「DAILY GUIDE」によると、師匠である著名な呪術師はアダムさんに、呪術をかけるために必要なニシキヘビを捕まえてくるように指示したという。現場近くで店を経営するタヒル・モハメドさんは次のように証言している。

「午後5時ごろ、2人の若者がバイクに乗ってやって来たのですが、その一方(アダムさん)の首にヘビが巻き付いていました。(ヘビを振り払うためか)彼はバイクから降りてたのですが、不運なことに側溝に落ちてしまったんです」

 アダムさんがニシキヘビに巻き付かれ苦しんでいると、もう一人の若者は呪術師に状況を知らせるため急いで引き返した。現場に駆け付けた呪術師はシャツを投げつけてニシキヘビを追い払おうとしたが、その凶暴さをどうすることもできず、住民たちにニシキヘビを殺すように依頼した。ニシキヘビから解放されたアダムさんはすぐに病院へと搬送されたが、死亡が確認された。遺体は彼の家族によって埋葬されたという。

 ガーナでは現在も呪術が生き残っている。以前トカナでも報じた通り、2014年には、同国内で最も影響力がある呪術医、ナナ・クワク・ボンサムがサッカーのスター選手C・ロナウドに呪いをかけて負傷させたというニュースも話題となった。呪術は、単なる迷信としてではなく国民の生活に深く根差している。そして、アダムさんのように呪術に関連した出来事で命を落とす者もいる。呪術が信じられる限り、同様の事件は今後も起こり続けるだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年5月15日 18:17 | 返信

俺これ位のアフリカンロックパイソン飼ってたから全然平気だわw

6:匿名 2019年5月15日 10:55 | 返信

4
お前そんなん言うなら捕まえてみーやw

5:匿名 2019年5月15日 10:46 | 返信

↓こんな奴に限って自分がこんな目にあったら小便漏らしながら助けを求めるんだろなwww

4:匿名 2019年5月15日 01:10 | 返信

土人は民度が低いな
毒ヘビでもない大して大きくもないヘビにビビり過ぎ

3:匿名 2019年5月15日 01:09 | 返信

反町隆史がその場にいたら、ちゃんと助けていただろう。

2:匿名 2019年5月15日 00:32 | 返信

怖い側溝。まるで人食い用水路。

1:匿名 2019年5月14日 22:21 | 返信

科学技術の最先端と、呪術用に捕まえて巻き付いてしまった毒蛇を棒でつついて追っ払う凡庸さと、どっちも含めて人類の「今」なんだなー。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?