公共放送のNHKが「視聴率最優先」主義に爆進中! ウラにある2つの深刻な理由とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
公共放送のNHKが「視聴率最優先」主義に爆進中! ウラにある2つの深刻な理由とは!?の画像1
画像は「getty images」より

 2019年の大河ドラマ「いだてん」はヒットメーカーの宮藤官九郎脚本であるにもかかわらず視聴率がふるわず、ついには過去最低視聴率まで出してしまった。

 だが、スポンサーの目がないNHKにとって本来視聴率はどうでも良い存在のはずだ。無論、取れないよりは取れたほうがいいだろうが、視聴率が振るわないからと言ってNHK製作者の思いにブレがないならば突き進むべきだ。しかし、会見では低視聴率について問われ、悩んでいるようなコメントも連発している。これはおかしな話だが、現在のNHKが抱える特殊なタイミングが影響しているという。

「本来のNHKは視聴率など気にしなくていい存在です。そもそも視聴率測定はスポンサーに情報を提供するために始まったものですから、NHKにとっては無関係なのです。それにも関わらず、最近は局長などが会見する際に視聴率問題に悩んでいるようなそぶりを見せます。これはおかしな話ですが現在のNHKは何がなんでも視聴率を獲得しないといけない状況に追い込まれています」(テレビ局関係者)

 追い込まれているとは、どういうことなのか。

「簡単に言えば自分たちの存在意義をアピールしなければいけない状態です。『やはりNHKの作る番組は素晴らしい』とか『NHKの番組は面白い』と思ってもらう必要があり、そのわかりやすい尺度が視聴率なので、今はどのジャンルの番組も0.1%でも数字を上げろとハッパをかけられている状態です」(同)

コメント

5:匿名 2019年5月21日 08:55 | 返信

>> 4

似てるけどちょっと違うよね。いっつもコメント読んでるから違う人来るとすぐわかるようになった。

4:トランプ大統領 2019年5月21日 07:19 | 返信

>> 3

おう!ぶっ潰してバラバラにしてやるぜ!何がハチ公だ!あれはNHKの魔犬である。
飼い主の上野教授は俺のキャラだろう!
アニメ上野さんは不器用でも上野さんが使われているように上野教授もまた私のキャラである。
上野教授が53歳で突然死しているのは魔犬のハチの魔術によるものだ。
あれはチョンに操られた悪魔の犬故に美談にされているのである。
所詮、左翼にもてはやされた焼き鳥目当てで駅に先導されたにすぎん。
主人を迎えに行っているというのは飼い主を地獄に落とすためであり、嘘であると言っていい。
人々の生気を吸い取って生きながらえるNHKは滅ぶべきである。
進撃の巨人までパクるとは!許しがたい暴挙だ!

3:匿名 2019年5月20日 21:01 | 返信

早くぶっ潰してけれ!

2:匿名 2019年5月20日 15:16 | 返信

日曜の夜に進撃の巨人とガンダムオリジンのアニメをやっているけど、MXテレビにとっては民業圧迫もいいところだと思う

1:匿名 2019年5月20日 10:55 | 返信

N=日本
H=犯罪
K=協会

チンピラみたいな取り立て人が来ますw
まっとうな組織でない証拠ですw
NHKにお引き取り願うにはYouTubeなどの動画サイトで対策動画を見るのが一番手っ取り早いです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。