【獣姦の生物学】「子牛のフェラを研究」「エイは名器」サイバーイグアナ氏が“動物のエロス”を徹底解説! イヌ、ウマ、ウサギ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

「エイは名器」「イルカオナホール」「ドラゴンのディルド」と、底抜けの好奇心と実行力でTwitterを震撼させ続けるCyberIguana(サイバーイグアナ)さん(@CyberIguana)。最終回となる今回は、イヌやウマといった生物といったポピュラーな生物への見解と、ご自身について語っていただいた。

イメージ画像は「Getty Images」より引用

■イヌ、ウマ、ウサギ……実際どうなの?

 昨年8月、米ペンシルベニア州クリアフィールド郡で牧場を営む3人の男が逮捕された。彼らの牧場では“獣姦AV”が撮影されており、公判では逮捕された男3人が、少なくとも9頭の牝馬、1頭のウシ、1頭のヤギ、そして数匹のイヌとのセックスを行ったことが明らかにされた(詳しくはコチラの記事)。

 過去の事件をさかのぼっても、ウマやイヌは獣姦の相手としてポピュラーとされるが、実際のところどうなのか? 様々な動物の生殖器の構造に詳しいサイバーイグアナさんによると、「ウシやウマにもクリトリスが存在し、 刺激されると興奮する」という。

「イヌの膣は途中で大きく湾曲しています。人間のペニスが中~大型犬に入ると子宮口の部分や潰れた湾曲部が亀頭に密着し、吸い付いてくる構造をしています」

「ウマの体温は37.5~38.0℃と人間より若干高い為、膣内はユル系のオナホールを熱くした感触と言われています。発情期になるとクリトリスを外部に露出させるウインキングという反応を示す為、この状態の牝馬を相手にすると、裏筋をクリトリスで扱かれながら締め付けられ、非常に具合が良いと言われています」

 またウシに関しては「子牛のフェラの研究に注目しています」とのこと。さらに、ウサギについてもコメントをくれた。

「細く小さい為、一般的なサイズを相手にすると貫通してしまい、フレミッシュ・ジャイアント等の巨大な種が相手でもない限り挿入は不可能だと思われます。感触については不明です」

コメント

3:匿名 2019年5月22日 14:15 | 返信

畜生にも劣る

2:トランプ大統領 2019年5月22日 13:17 | 返信

生臭さや獣臭いのが良いのか?
そのような変態は動物虐待の罪で死刑で構わん。病気以上のキチガイだと思う。オナホで動物殺すだろうから、生きるに値しない。

1:匿名 2019年5月22日 01:36 | 返信

犬猫ウサギ…小動物に突っ込む って
アタマ大丈夫か?!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?