松岡昌宏が衝撃暴露「TOKIOは嫌だった。墓場みたいだった」松本潤や大倉忠義も…グループ結成初期“意外な思い”を語ったジャニーズたち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
松岡昌宏「TOKIOは墓場みたいな場所だった」グループ結成初期の思いを語ったジャニーズたちの画像1
画像は、「Johnny’s net」より

 4月17日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)で、松岡昌宏(42)がTOKIO結成時のエピソードを披露。「TOKIOは嫌だった」と赤裸々に語って話題になっている。

 同放送にはA.B.C-Zの橋本良亮(25)がゲスト出演。年上メンバーばかりのグループに加入した当時のことを「嬉しくなかった」と明かした。その流れでトークは、TOKIOの前身グループであるTOKIO BANDの話に。松岡は城島茂(48)や国分太一(44)が所属していたTOKIO BANDのことを、「ちょっとイヤだった。“売れない人たち”だと思ってたから絶対イヤだった」と暴露。さらにTOKIO加入を命じられた当時について、「ショックで本当に泣いた」「墓場みたいな場所だった」と告白した。

 さらに松岡は、今年3月に放送された『二軒目どうする? ~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)でもTOKIO結成初期のエピソードを披露。デビュー前の頃を「本当に売れねえな、売れねえなって言ってて…」と回顧。しかし長瀬智也(40)が加入することになり、「全員でガッツポーズして、『売れる! やっと売れるぞ俺たち! 長瀬入った!』って…」と振り返っている。

 今回は松岡のように、グループ結成初期の秘話を明かしたジャニーズをご紹介していこう。

●大倉忠義

松岡昌宏「TOKIOは墓場みたいな場所だった」グループ結成初期の思いを語ったジャニーズたちの画像2
画像は、「Johnny’s net」より

 昨年5月放送の『TOKIOカケル』では、関ジャニ∞の大倉忠義(33)がグループ加入初期の苦悩を語っている。同放送では、記憶を頼りにトークを進めていく「ジャニーズ年表」という企画を実施。大倉は関ジャニ結成時の初期メンバーではなく、「関ジャニのメンバーのバックダンサーを経験していた」と明かした。

 そのあと関ジャニからドラム担当が脱退し、大倉はグループ入りを果たすことに。しかしグループ内で人気格差が出始めており、大倉は「認めてもらってないなというのもあった。みんなが出てきたら歓声が上がるけど、僕が出てきたらザワッとするみたいな」と途中加入の苦労を吐露。特に錦戸亮(34)との人気格差が激しく、大倉はファンから手紙を受け取るイベントで「亮ちゃんはすごく人気があって100人くらい並ぶ」「僕が最後で10人とかだった」と話していた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。