【閲覧注意】サーカス中にヘビに殺されている男! 観客は唖然、団員が映画のように崩れ落ちる恐怖の瞬間!=露

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】サーカス中にヘビに殺されている男! 観客は唖然、団員が映画のように崩れ落ちる恐怖の瞬間!=露の画像1画像は、「YouTube」より

 サーカスに事故は付き物である。演目の中でも人気の高い猛獣ショーでは、動物が調教師に襲いかかることもある。そんな事故の決定的瞬間をとらえた動画がネット上で話題となっている。

 問題の動画は、ロシアで開催されたサーカスの様子を撮影したものとされる。屋外に設けられた舞台には1人の男性が立っており、彼の足元に巨大なニシキヘビが蠢いている。男性はニシキヘビを持ち上げて、マフラーのように首に巻き付けた。しかし、そのままステージの端に移動して膝をつき、崩れるように倒れてしまったではないか。観客は演出の一部と思っているのか、誰一人として動じない。しかし、男性は再び起き上がることなく、何度か腕を上げ下げした後、動かなくなった。ステージに駆けつけた他の団員たちは、男性の首からニシキヘビを引き離すと、ぐったりとした彼をステージの外へと運び出した。

 この動画がどこで撮影されたのか、また男性は本当に死んだのか、今ネット上で議論されている。英紙「Daily Star」によると、ロシア連邦を構成する共和国の一つ、ダゲスタン共和国で昨秋に事故が発生したが、その動画が今月になってから拡散され始めたという。また、首都マハチカラで男性がニシキヘビに絞め殺されたという報道もあるが、現地警察当局は死亡事故の報告は受けていないとして次のように述べた。

「私たちは(報道を)否定します。男性の調教師がヘビに殺害されたといわれているようですが、私たちは、救助が間に合ったおかげで、その男性が命を落とさなかったと信じている」

 なお、他の報道機関も事故について報じているが、結局のところ、誰にも確証は得られていない。ロシア警察は、事件がいつどこで発生したのか、また男性の生死を調査中だという。

 サーカスのパフォーマンスに限らず、ニシキヘビなどの巨大なヘビを首に巻き付ける人たちがいる。彼らはヘビと心を通わせているつもりなのだろうが、何かの拍子で動画のような悲惨な事故に発展する可能性もある。ヘビを侮ってはいけない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?