「不気味なアレは一体何…」四足歩行で妙な動き、謎のヒューマノイドが撮影される! UMAレイクか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
【タイトル確認済み】「不気味なアレは一体何…」四足歩行で妙な動き、謎のヒューマノイドが撮影される! UMAレイクか!?の画像1
画像は「Freak Lore」より引用

 この不気味なヒューマノイドの正体は何なのか? オーストラリアという場所柄、カンガルーではないかという可能性も指摘されている。カンガルーは夜行性で、真夜中に森や道路を走っていることがあるという。しかし、目撃者はカンガルー説を否定しており、未知のモンスターやエイリアンだったのではないかと考えているようだ。

 今回撮影されたような不気味なモンスターというと、2018年にカナダで報告された「レイク」が思い出される。レイクは4本足で森の中を歩く白い体のヒューマノイド型モンスターであり、その特徴はよく似ている。

 今回の動画は、オーストラリアにもレイクのような未知の生物が存在するという証拠なのだろうか? 闇の中を走り抜けた不気味な怪物の正体が、一日も早く解明されることを願うばかりだ。

参考:「Freak Lore」、「YouTube」、ほか

編集部

コメント

6:匿名 2019年5月21日 18:46 | 返信

仕込みが裸で這ってるだけだろw

5:匿名 2019年5月21日 17:05 | 返信

この子確定
https://www.youtube.com/watch?v=VLQrXiHnKKU

4:匿名 2019年5月20日 22:48 | 返信

スト2のブランカやFF6のガウのような人たちが本当にいるらしい。
いずれの場合も野生動物に育てられており、人間らしさは皆無であり、素早さや行動パターンは人間のそれではなく野生動物そのものであったという。
しかし、いずれの場合も保護し、教育を施してみたものの知性などはほとんど回復せず、簡単な単語を少し覚えたのみ、なんとか着替えや食事の仕方を数年もの歳月をかけて覚えたものの人間の生活にはなじめず病気を発症し死んでしまったそうだ。
いかに親の子育てが大事かよくわかる話でもある。

3:匿名 2019年5月20日 17:13 | 返信

どう見ても人間が手をついて歩いてるだけw

2:匿名 2019年5月20日 12:56 | 返信

成人の大きさではないとか測ったんですかねえ
ま、どうでもいいか

1:匿名 2019年5月20日 12:28 | 返信

動物に育てられた野生の人間だろうか。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。