【池袋暴走事故】飯塚幸三が”実刑を免れる”最悪のパターンが判明! 大炎上必至の展開を記者が暴露!

【池袋暴走事故】飯塚幸三が実刑を免れる最悪のパターンが判明! 大炎上必至の展開を記者が暴露!の画像1
画像は「ANNnewsCH」より引用


 先月19日に起きた“池袋暴走事故”から、はや1カ月。「上級国民」こと飯塚幸三元院長(87)が18日、初めて公の場に姿を見せた。警察署に出頭した同氏は顔バレを防ぐためなのか、帽子にサングラスにマスクの“フル装備”。足元はおぼつかず、杖は“2本持ち”で、警察署の入口では署員に手を借りながら歩を進めた。取材陣からは矢継ぎ早に質問が飛んだが、同氏はか細い声で「申し訳ございません。すいません」「ちょっと手を貸していただける? 申し訳ございません。それだけです」と述べるに留まった。

 事故では松永真菜さんと3歳の長女・莉子ちゃんが亡くなり、10人が重軽傷を負った。同氏もケガを負い、入院。高齢で逃亡・証拠隠滅の恐れがないと判断され、身体拘束を伴う逮捕はせず、任意での捜査が続けられていた。これにネット上では異論が噴出。同氏が東京大学卒業後、旧通産省の元工業技術院長を務め、2015年に瑞宝重光章を叙勲するなど、輝かしい経歴の持ち主であることから「“上級国民”に対する忖度だ」と拡散された。

 この日の事情聴取は5時間。そのなかで同氏は当サイト既報通り「ブレーキが効かなかった」と供述。被害者に謝罪の手紙を送っていたことも明らかにされた。

 今後はどうなるのか? 法曹関係者は次のように話す。

「過失運転致死傷容疑で逮捕、起訴は免れない。ただ、その後は2パターンのシナリオがある」

 過失運転致死傷罪は「7年以下の懲役、7年以下の禁錮、または100万円以下の罰金」。ことの深刻さから考え、罰金刑で済む可能性はほぼゼロで、同氏には最大で懲役7年の実刑判決がくだる可能性がある。

 2016年に東京都・立川市の病院で車が暴走して2人が死亡した事故では、国分寺市の高齢男性が自動車運転処罰法違反(過失致死)の罪で、禁錮2年(求刑禁錮4年)の判決を言い渡された。裁判官は判決理由で「2人を死亡させた結果は極めて重い」と指摘。男性は当時83歳だったが「認知機能の衰えに起因する事故ではない」と判断し、執行猶予を付けなかった。

「飯塚元院長も警察の聴取にきちんと受け答えできていることから、判断能力に問題はなく、執行猶予なしの実刑判決が出る可能性が高い」(同)

 もう1つは逮捕時は大丈夫でも、その後急激に衰えてしまうケースだ。警察署に出頭した飯塚元院長は1人では歩行困難で、誰もが「そもそも運転しちゃいけないレベル」と思ったはずだ。司法担当記者は次のように語る。

「あれが演技でないとすれば、これから始まる裁判を乗り切れるとはとても思えない。判決が出た時には自力歩行ができないほどに悪化し、精神的なショックも加わって認知症に陥っていることも考えられる。高齢者にとって裁判は過酷で、判決が出る前に亡くなる人もいる。衰弱が進めば、本来なら実刑判決を出すところを、裁判所が執行猶予判決にとどめることも考えられる」

 そうなったらなったで、再び上級国民論争が巻き起こりそうだが……。どちらによよ、人生の最終盤で過去の栄光を帳消しにしてしまったことだけはたしかだ。

文=津南華香

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ