中居正広はクラブで大揉め… 壮絶な喧嘩エピソードが発覚した芸能人4選! 「殴るのが好きだったんですよ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
中居正広はクラブで大揉め… 壮絶な喧嘩エピソードが発覚した芸能人4選! 「殴るのが好きだったんですよ」の画像1
画像は、「Johnny’s net」より

 5月2日に放送された『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に、タレントの中居正広(46)が出演。メインパーソナリティである岡村隆史(48)によれば、中居は昔クラブで喧嘩をしたという。

 20年以上前に中居とクラブに行ったと明かす岡村。フロアでダンスを楽しんでいたところ、気づくと中居が一般人とトラブルを起こしていたそうだ。とんねるず・石橋貴明(57)が「やめろ!」と仲裁に入り事なきを得たそうだが、岡村は「火がついたら止まらない」と当時の中居の激しさを語った。

 このエピソードに中居は、「すみません…… 今はもう(喧嘩とか)だめですから」と反省しているようす。当時初体験だったというクラブの空気感に、気持ちが高ぶっていたのかもしれない。

 今回は中居のように、喧嘩のエピソードが話題になった芸能人をご紹介していこう。

 

●バカリズム

中居正広はクラブで大揉め… 壮絶な喧嘩エピソードが発覚した芸能人4選! 「殴るのが好きだったんですよ」の画像2
画像は、「マセキ芸能社」オフィシャルサイトより

 お笑いタレントのバカリズム(43)が、2017年11月放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)に出演。番組内では千原ジュニア(45)が、“おかっぱという仮面をかぶったゴリゴリのヤンキー”とバカリズムの素性を暴露した。さらに同じく出演していたケンドーコバヤシ(46)にまで、“武闘派中の武闘派”と銘打たれている。そこでケンコバは、過去体験したバカリズムの“武闘派”エピソードを語った。

 ケンコバとバカリズムが、バナナマン・日村勇紀(47)とともに歩いていた時のこと。そこで日村が、数人の学生に絡まれてしまったそうだ。この状況でバカリズムは、学生たちに対して鬼のような剣幕で詰め寄り相手を圧倒。たった一人で場を収めてしまった。ケンコバはバカリズムを「喧嘩慣れしてる」と評し、“バカリズムヤンキー説”を主張している。お笑いをする前は異常に体格がよかったというバカリズム。あながち“武闘派”という話も嘘じゃないのかもしれない。

コメント

5:匿名 2019年5月27日 17:15 | 返信

俺の方が強い

4:匿名 2019年5月27日 16:54 | 返信

喧嘩の強さって腕力やらスピードより気迫と狡さだから

3:匿名 2019年5月27日 14:30 | 返信

>>バカリズムはマジで強い。

なんでお前が知ってんだよwww

2:匿名 2019年5月27日 12:01 | 返信

バカリズムはマジで強い。しかも地元はマジのゲットー

1:匿名 2019年5月27日 08:11 | 返信

テレビ好きな人もいるからテレビを見るなとか鬼畜なことを言うつもりはない。
が、テレビは3S政策の一つだから芸能人を応援したりとかその人たちの商品を買ってあげたりとかそういうのはやめようね。
でも現代においていまだにテレビ好きな人ってけっこう上の世代ばかりだよね?年配の人とか。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。