パリ人肉事件の佐川一政と「AV共演」で“喰われた”女優・里見瑤子インタビュー! 現場での“超恐ろしい体験”を語る!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 各国の映画祭で途中退場者続出! 日本の全配給会社が買付けを拒否した問題作が、トカナ編集部の配給で7月12日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国ロードショーされる。その映画の名は、カニバ/パリ人肉事件38年目の真実(ヴェネラ・パラヴェル、ルーシァン・キャステーヌ=テイラー監督)。タイトルを聞いて、「あのおぞましい事件の話か……」と眉を顰めた方も多いだろう。1981年、フランス・パリで日本人留学生の佐川一政がオランダ人女性を射殺し、遺体を食してしまった猟奇事件の真相に迫る禁断のヒューマン・ドキュメンタリーだ。

 第74回ヴェネチア国際映画祭でオリゾンティ部門審査員特別賞を受賞した本作は、2013年に脳梗塞で倒れて以来、実弟の介護を受けつつ年金暮らしをしている佐川に、外国人の撮影クルーが2015年6月より約1カ月間密着。幼い頃に撮られた8ミリのホームムービー、事件後に佐川が描いた漫画、出演したAVなどを盛り込みながら、彼に幼少期や事件の詳細などを振り返らせ、闇を抱え続ける彼とそれを支える弟の奇妙な“今”をむき出しにしていく。

 かつて佐川とAVで共演し、本作にもメイド服姿で出演している女優の里見瑤子と、主役を食うほどの特異な性癖を作中でカミングアウトした佐川の実弟・佐川純が、トカナの独占インタビューに応じた。

 まずは里見瑤子編からお届けしよう。

里見瑤子。女優。数多くのピンク映画、AV、オリジナルビデオ、舞台などに出演。1998年、『実録SEX犯罪ファイル』(高槻彰監督)で佐川一政と共演。今年はドキュメンタリー映画への出演が相次ぐ。新宿で40年以上新聞配達をしている男性を追った『新宿タイガー』(佐藤慶紀監督)に続き、『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』が間もなく公開。撮影/河西遼

 


――佐川一政さんとの最初の出会いを教えてください。

里見瑤子(以下、里見) 相当昔ですね。20年ぐらい前かな。場所は、佐川さんがその当時住んでいたお家です。佐川さんを題材にした『実録SEX犯罪ファイル』というドキュメンタリーAVを佐川さんのお家で撮ることになって、私も出演者として呼ばれたんですよ。事前の打ち合わせはなかったので、現場で初めてお会いしました。

――佐川さんが何者か知った上で、出演をOKしたのでしょうか?

撮影:河西遼

里見 いえいえ、事前に共演者の名前とかは知らされていなかったから、知りようがありませんでした。でも私、撮影前日に落ち着かなくて、たまたま古本屋さんに入ったんですね。で、適当にタイトルだけ見てたくさん本を買って帰って、何気なく読んでいたら、その中の1冊に佐川さんのことが書いてあったんですよ。本の中では「佐川君」っていう呼称でしたけど。演劇をやっている人たちの対談集の中に、佐川さんのことがいろいろ書いてあって、「へえ、そういう人がいるんだ」って。

 ちなみにそのAVに出る前には、オーディションがありました。オーディションのときには「絡んでもらいたい男性は、ちょっと変わった人だ」「その人は文章を書く仕事をしている」程度のことを聞かされただけ。条件は「その人の家に行って、一晩過ごしてほしい」「絡みは3回」だったかな。

 ちょっと変わった人という言葉が引っかかって、「急に暴力的になったり危害を加えられたりすることはありますか?」と監督に聞いたら、「それはない。何かあっても自分たちが守るから」という答えが返ってきました。

 で、ほとんど何もわからないまま現場に行って、最初は佐川さんと仲良くお話しをしていたんですよ。お茶を飲みながら、主に映画の話をした記憶があります。私は女優のお仕事を始めたばかりで、佐川さんは試写会によく呼ばれて行くらしく、「今度よかったら一緒に映画に行きませんか?」と誘われたから、「はい、ぜひ行きましょう」と約束をしたんです。

映画『カニバ』より。(C)Norte Productions, S.E.L

 それぐらいのタイミングに、監督が佐川さんに耳打ちして、「そろそろあのことを……」と言い出した。でも佐川さんは「え、ちょっとまだ早い」「言い方を考えている」とかのやりとりがあって。そこで私は、ピンと来たんです。「あ、昨日読んだ佐川君かな」と。みんな現場で「佐川さん」と呼んでいましたからね。

 やがて、しびれを切らした監督が、テーブルの上に被害者の方の写真を、たぶん海外の雑誌かなんかに載った体の一部みたいな写真をバーンと出してきました。

コメント

5:匿名 2019年6月7日 20:12 | 返信

逃げ帰らなかったこの女も頭おかしくね?
殺人カニバの犯人とやる上にそれが見世物になるのが平気ってアホかよ

4:匿名 2019年5月23日 20:12 | 返信

相手よりも明らかに監督のほうが頭がおかしいと思う

3:匿名 2019年5月23日 01:09 | 返信

なんでこのゴミクズサイコ殺人者がゆるされてんだよ
肥溜めにでも幽閉しとけよ

2:匿名 2019年5月23日 00:52 | 返信

普通に映画の宣伝だった。<AD>って書いといて。

1:匿名 2019年5月22日 20:57 | 返信

2062年から来た未来人は永山たかしだよ!
ハッタリだよ。みんな騙されてるよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。