グーグルマーズが火星に墜落した“巨大な有機体UFO”を激撮! これはすごい… 正体は“生きる宇宙船”か!?

 火星の地表に墜落したUFOか――!? グーグルアースの火星版である「グーグルマーズ」に、地表に突き刺さるようにハードランディングしたUFOが写り込んでいたのだ。

■火星地表にハードランディングした“有機体UFO”

 火星表面の写真を閲覧できるグーグルマーズは、基本的にはNASAが提供した画像によって構成されている。したがって、そこに“不都合な”モノが写っていた場合、あらかじめNASAによって適時加工、修整されているともいわれている。

 しかし先日、著名なUFO研究家のスコット・ウェアリング氏がグーグルマーズ上の画像の“消し忘れ”について言及している。グーグルマーズの画像に、UFOの墜落現場が写り込んでいるというのだ。グーグルマーズ上の座標は「70 39’34.86”S 47 49’07.88”E」である。

【座標アリ】グーグルマーズが火星に墜落した巨大な有機体UFOを激撮! これはすごい… 正体は生きる宇宙船か!?の画像1
画像は「YouTube」より

 2019年5月19日にYouTubeチャンネル「ET Data Base」に投稿された動画の中でウェアリング氏は、火星の地表に墜落したという、美しいブルーの輝きを放つ宝石のようなUFOについて解説している。

「これは火星のクレーターに衝突したUFOです。厚みのある円盤型の宇宙船のように見えます。そしてグーグルマーズの誰もがそれを修整しなかったのは不思議なことです」とウェアリング氏は、この画像がNASA、あるいはグーグルの“消し忘れ”であると指摘している。したがって、こうして話題にされてしまった以上は、今後の画像修整にはややナーバスにならざるを得ないのだろう。

 そしてこの“UFO”は地表にハードランディングして墜落したものであるとウェアリング氏は説明している。

「画像を回転させてみると、この物体は少し違う印象になります。地面に焼け焦げたマークが見られ、ここで何かがクラッシュしたことを確認することができます」(スコット・ウェアリング氏)

 ウェアリング氏はこの青い円盤の表面の“縁”に着目している。この機体の粗い形状のエッジの部分が有機的に成長したものに見えることから、なんとこのUFOは生物学的に成長した有機体の飛行物体であると指摘しているのである。このUFOは生命体であるというのだ。

「これは生物学的に成長した宇宙船です。エイリアンは、人類よりもより早く物事を進める方法を考え出しました。これは私が今まで見た中で最も詳細がわかる“生きている宇宙船”の1つです。私は水星の地表にたくさんの青い構造物を見ましたが、青いUFOはこれまで見たことがなかったのです」(スコット・ウェアリング氏)

【座標アリ】グーグルマーズが火星に墜落した巨大な有機体UFOを激撮! これはすごい… 正体は生きる宇宙船か!?の画像2
画像は「YouTube」より

 このクラッシュした青いUFOが“生き物”であるとすれば、この物体は死骸ということになる。この後もずっとこの場所にとどまったままなのだろうか。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ