小室圭さんのバッシング報道のそもそもの“謎”とは!? “異例中の異例”事態であることがわかる“数々の証言”!

小室圭さんのバッシング報道のそもそもの謎とは!?  異例中の異例事態であることがわかる数々の証言!の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)


 令和という時代を迎えても小室圭さんに関する話題は多く、特に小室さんの代理人が火に油を注ぐような発言を連発しており、ワイドショーを中心に今もバッシングが続いている。

 しかし、そもそも論として小室さんは一度は眞子さまと並んで記者会見を開いた身分の人間でもある。その後に様々な報道が出たとはいえ、皇室が公式に開いた会見に出た人間をここまで批判すれば通常は宮内庁からストップがかかりそうなものだ。今回それが一切ないのは何故なのか。マスコミ関係者から宮内庁や皇室との微妙な温度感を聞き出した。

「皇室がネット上や週刊誌上でバッシングされるのはこれまでにもあったことですからあまり気にされていませんでしたが、今回の小室さんに関してはテレビやラジオでも批判する論調がほとんどです。そのため、当初は宮内庁側がクレームを入れてくるなどのケースを想定していました。過去にも度が過ぎた批判は通告を受けたことがあるからです。しかし、小室さんの件に関しては宮内庁や皇室は静観を貫いており、一切なにも言われません」(テレビ局宮内庁担当ディレクター)

 過去にどのようなクレームがあったのかは教えてもらえなかったが、とにかく今回は何も言われていないという。そこにはとある事情があるようだ。

「今回、仮にも“婚約者候補”という身分になった人間をここまで赤裸々に論評したり、批判することを許しているのは、ほかならぬ秋篠宮ご夫妻ではないかと言われています。無論、直接的な表現で何かを指示するようなことはありませんが、側近がそれを察知し、そこから宮内庁にも伝わるというような、いわゆる忖度の世界ですが、身近にいる人たちは言葉にせずにとも皇族の皆さんの思いを把握できる位置にいるため、この忖度は間違っていないはずです」(同)

 たしかに秋篠宮殿下は記者会見でもこの件を赤裸々に語るなど、異例な対応をみせている。そこにはマスコミ報道を静観して、とある結果を得たいとの思いがあったようだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ