電気ショックで悪習慣を直すAmazonガジェット「PAVLOK」最新版がヤバい! 痛みのレベルは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

 タバコの吸いすぎ、ジャンクフードの食べ過ぎ、爪を噛む、二度寝、SNSの見過ぎ……などなど、人間誰しも一つは直したいけど直せない習慣や癖があるものだ。そんな悪習慣や悪癖を電撃で矯正するための新たなガジェットが話題だ。英「Daily Mail」が6月17日付で報じている。

■電気ショックで癖を直す

 米「BEHAVIORAL TECHNOLOGY」社が製造・販売するブレスレット型ガジェット「PAVLOK」は、喫煙や食べ過ぎなど、直したい癖や習慣をうっかりやってしまった時に電気ショックを与えて改善を図るというガジェットである。

電気ショックで悪習慣を直すAmazonガジェット「PAVLOK」最新版がヤバい! 痛みのレベルは…の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 といっても、ブレスレットが判断して自動的に電撃を与えてくるわけではなく、「やっちゃった……」という反省を込めてボタンを押すとビリっと痛みが走るというものだ。スマートフォンの専用アプリから設定・操作することができ、友人や家族に代わりにボタンを押してもらうこともできる。なお痛みのレベルは静電気程度とのことだ。

 メーカーによると、PAVLOKは安全で無害な電気ショックで脳の中の爬虫類の部分を刺激し、悪癖や悪習慣と不快さを関連付けさせることで3〜5日で行動習慣を改善できるという。ユーザーからは「効果があった」という声が多数寄せられているというが、記事では「科学的根拠はない」という専門家の声も紹介している。

 開発者は自身のSNS中毒を改善したくてこのガジェットを開発したそうだ。多くのフィットネストラッカーを試した経験から、自分の行動を変えるにはどうしたらいいかを考え、PAVLOKを考案したとインタビューに答えている。

 PAVOKは日本でもAmazonで販売中で、27,800円で購入することができる。なお、PAVLOKにはアラーム機能も搭載されており、目覚まし時計として使うこともできる。ネット上のレビューでは、行動習慣の改善よりも目覚まし機能の方が高く評価されているように思われる。直したい悪癖が二度寝であるならうってつけのガジェットと言えるかもしれない。

参考:「Daily Mail」「PAVLOK」ほか

編集部

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年6月19日 19:32 | 返信

「次はなんと双子の大統領です!」

2:匿名 2019年6月19日 14:25 | 返信

えっ?機械がやるじゃないの?(笑)
自分でやるの?
じゃ、やらない(電気を)という選択肢もあるから意味ないじゃんw
機械が自動でやるんなら画期的かもしれないけどね。

1:匿名 2019年6月19日 11:57 | 返信

まるでお笑い番組の罰ゲームですね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。