セックスのベストスポットはベッドではなかった! 最高のSEXのための場所と体位を有名医師が発表!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

●正常位

 10分間で女性は14kcal、男性は47kcal消費する。男性は腕を地面についてプランクのような姿勢を取り、骨盤を突き出すように腰を爆発的に動かすことで消費カロリーのアップと体幹の強化になる。女性は骨盤を少し浮かした状態を作ると良いそうだ。

●後背位(バック)

 バックは男性の体幹トレーニングになるだけでなく、女性の消費カロリーも正常位よりはるかに多い。最大で84kcalの消費になる。ただし、膣裂傷を起こしやすい体位でもあるので、その点は注意したい。

セックスのベストスポットはベッドではなかった! 最高のSEXのための場所と体位を有名医師が発表!の画像2
画像は「Mirror」より引用

●騎乗位

 30分の騎乗位で女性は135kcal消費する。カロリー消費の点から見れば最高の体位と言えるだろう。

●屈曲位

 正常位の姿勢から女性が体を二つ折りにする屈曲位では、その体勢の苦しさの割に消費カロリーはたったの60kcal(15分)しかない。

●立位

 10分間の立位での消費カロリーは女性で30kcal、男性で51kcal。男性が女性を抱え上げる駅弁では、10分間で男性の消費カロリーは65kcal、女性は40kcalとなる。見た目の派手さの割には大したカロリーは消費されないようだ。

 となると、最も女性の消費カロリーが大きい騎乗位のヴァリエーションである座位には、それなりのカロリー消費が期待できそうだ。

 ハーパー医師は、キッチンでのセックスは性生活のちょっとした“スパイス”にもなると勧めている。気になる読者は一度試してみても良いのではないだろうか?

参考:「Daily Star」「Mirror」、ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ