今人気のあのコンビも半グレ“闇営業”に堂々と出席!? 宮迫博之らが島田紳助のように完全アウトにならぬ理由も

今人気のあのコンビも半グレ闇営業に堂々と出席!?  宮迫博之らが島田紳助のように完全アウトにならぬ理由もの画像1


 ついに吉本興業も重い腰を上げざるを得なかった。カラテカ入江慎也を仲介役にした反社会的勢力への闇営業問題で、雨上がり決死隊宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮ら11人に謹慎処 分を下した。当初は「ギャラをもらっていない」 ということで逃げ切りを図ったが、反社会的勢力から利益を得てい たことが明らかになり、テレビ局やスポンサーにクレームが殺到。 吉本としても無視できる状態では無くなっていた。

 謹慎処分となったのは宮迫、田村の他にレイザーラモンHG、ガリ ットチュウ・福島善成、くまだまさし、ザ・パンチ・パンチ浜崎、 ムーディ勝山、天津・木村卓寛、2700・八十島宏行と常道裕史 、ストロベビー・ディエゴの合計11人。当初はノーギャラと主張 していたが、最終的には金銭の授受を認めたということで、 この処分となった。

「入江の契約を解除してこの問題を終わらせたかった吉本だが、初めから誰もノーギャラなんて信じていなかった。しかも営業先が反社会的勢力ということで批判が噴出。スポンサーなど関係各所から 闇営業芸人が出演している番組にクレームが入りまくっていた。『 アメトーーク!』は事態を重く見たスポンサーが降りた。先週、 NHKが田村、HGの出演番組の放送中止を決めたことで、完全に風向きは決まった」(テレビ局関係者)

 今回の一件で、特に問題になっているのは反社会的勢力との交際だ 。ノーギャラ→ギャラをもらったと変遷した闇営業芸人たちですら、「反社会的勢力とは知らなかった」という主張は変えていない。 これを認めれば完全にアウトということがよく分かっているからだ 。過去に芸能界と反社会的勢力はかなり近い距離にいたが、近年はかなり厳しくなり、2011年には暴力団との交際を理由に島田紳介が引退に追い込まれるということもあった。

 ただ今回の例からも分かるように、いまだに陰で反社会的勢力の人間たちと付き合っている芸人がいることも事実だ。「芸人をはべらせたがる暴力団、半グレの連中は悪いことをして金儲けをしており、見栄っ張りでもあるため金払いもいい。だから芸人たちが集まるわけ。最近、よくテレビに出ている人気コンビの一人とはたまにパーティーで一緒になる。いわゆる反社の連中もいるのに、堂々と出席している」( 暴力団関係者)

 他にも「過去にスキャンダルを起こした人気芸人の交友関係はかなり危ない。限りなく黒に近いグレーゾーンの人間と繋がっており、 吉本も警戒している」(芸能関係者)との証言もある。これだけ社 会全体が反社会的勢力排除に動いているにもかかわらず、 平然と交際を続けていた芸人たちの首筋はさぞ寒いことだろう。

★カラテカ入江のインタビュー記事 40人以上の吉本芸人に抱かれた女!? カラテカ入江が語る「本当にヤバいトラウマエピソード6」★

文=中田ゆきお

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ