河北麻友子、吉村崇など「すげー!」好感度爆上がり芸能人4人!TVでの神対応が話題になった人々

●須田亜香里

河北麻友子、吉村崇など「すげー!」好感度爆上がり芸能人4人!TVでの神対応が話題になった人々の画像3
画像は、「須田亜香里」オフィシャルサイトより

 続いては昨年12月放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)で、ドッキリのターゲットになったSKE48・須田亜香里(27)。緊急停止したエレベーター内というシチュエーションで、仕掛人の夫婦が口ゲンカを始めると須田は「仲良しですね」と自ら接近。場を和ませようと明るく振る舞い、「そういうケンカとか私は無縁なので。男女間の価値観の違いみたいな、憧れるシチュエーション」と言葉を続けていく。

 その後も積極的に話題を切り出し、トーク番組の司会者並みに場を仕切りはじめた須田。今度はオナラの音が響き渡って再び夫婦が口論を始めたため、「私ケツの穴バカになったかな」とアイドルらしくない発言で罪を被った。須田の行動にネット上では、「場の空気を完全にコントロールしててすごい」「須田ちゃんらしいトークセンス!」「罪を被るにしても表現www」といった声が。

●吉村崇

河北麻友子、吉村崇など「すげー!」好感度爆上がり芸能人4人!TVでの神対応が話題になった人々の画像4
画像は、「吉本興業」公式サイトより

 最後は昨年10月放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で神対応を見せた吉村崇(38)。この日の放送では「中継先に現れたヤバめ素人のさばき方で芸人の力量丸わかり説」の検証のため、吉村を含めた芸人たちがドッキリのターゲットに。釣り堀でのニセ生中継に仕掛け人の男性が現れると、吉村はうろたえるどころか上手く笑いに変えながらやり過ごした。

 さらに仕掛け人が奇声を張り上げると、「どうしたんですかお父さん!」とがっしり抱擁。あくまで自分のペースを維持しつつ、ほかの釣り堀客も巻き込みながらニセ生中継を乗り切っていく。最後まで仕掛け人をなだめながら“笑い”にもこだわった吉村に、検証VTRを見ていたスタジオでも拍手が。プレゼンターの小籔千豊(45)は「どんなピンチでもカメラ前で笑顔だった」と称賛し、松本人志(55)も「パーフェクトやったね」と賛辞を送っている。

文=ヤーコン大助

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

河北麻友子、吉村崇など「すげー!」好感度爆上がり芸能人4人!TVでの神対応が話題になった人々のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで