「カニバリズムの意味を問う映画」「日本人の人肉への欲望…」佐川一政主演映画『カニバ/パリ人肉事件』佐川本人&監督からのメッセージ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

7月12日全国ロードショー
映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』!

★第74回ヴェネチア国際映画祭 オリゾンティ部門審査員特別賞受賞作品★

<解説>
論争必至!各国の映画祭で途中退場者続出!日本のすべての配給会社が買付けを拒否! 1981年、フランス・パリで起きた前代未聞の猟奇殺人事件に全世界が震えた。一人の日本人が、愛した女性を射殺し、彼女のすべてを食べつくした。その男の名は、佐川一政。事件から38年、佐川はカメラの前で何を語り、何を見せるのか…!?全世界にスキャンダラスでセンセーショナルな旋風を巻き起こした映画史上空前の問題作が、この夏、遂に奇跡の日本解禁!

映画監督、主演の佐川一政、そして弟の純、女優の里見瑤子ら出演者一同からのメッセージを解禁!!

■映画カニバ 関係者メッセージ

●監督・撮影・編集・製作:ヴェレナ・パラヴェル、 ルーシァン・キャステーヌ=テイラー
『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』はカニバリズムの意味を問う映画だ。これまで佐川一政は安易な怒りの標的になったり、好奇の目で描かれる存在に過ぎなかったが、我々は彼のカニバリズム的欲望をそれに相応しい重々しさで扱うことを試みた。

 カニバリズムは普通に思われているよりも“人間の条件” に近い。それは、カニバリズムが人類学的探究における古くからの主題であり続け、数々の文学作品でも陰に陽に描かれてきたことを思い起こせば十分だろう。

 また、カニバリズムがセクシャリティとスピリチュアリティに密接に関わっていることも見逃してはならない。たとえば、他者と一つになるという欲望。キリスト教における化体と贖罪への憧れ。生理血嗜好や吸血といった行為はカニバリズム的欲望の1 つの表現であるし、かつてポリネシア、アメリカ大陸、オーストラリア、アジア、ヨーロッパにおいて広くカニバリズムが行われていたことは、人類の進化にカニバリズムが大きく関与してきたことを裏付けている。つまり、カニバリズムは太古から人類の本質を成すものであり、現代において抑圧された途方もない欲望なのだ。

 1981年6月13日、パリ第3大学の博士課程に在籍していた当時32歳の佐川一政は、2つのスーツケースをパリ郊外の公園に遺棄しているところを逮捕された。スーツケースの中には彼のクラスメートだったルネ・ハルデルベルトというオランダ人女性の腐乱死体が入っていた。その2日前の夕食時、ルネはエルランジェ十番通りにある佐川のアパートでドイツ・ロマン派の詩を翻訳していたところ、後頭部を銃で撃たれた。佐川はルネの遺体を屍姦し、その肉を食べた。その後、彼はブルーニュの森の池に彼女の遺体を捨てた。事件の2 年後に彼は心神喪失で不起訴となり日本に送還された。1985 年8 月12日、佐川は精神病院から自ら退院している。

 それ以来彼は自由人であり、自身の犯罪(小説、マンガ、無数のドキュメンタリー番組など。アダルトビデオでは犯罪の状況を再演した。加えて、料理評論家として糊口を凌いできた)。こうしたことからも分かるように、彼はカニバリズムを恥じていないどころか、それを飯の種にすることを自身の罪に対する適切な罰だと考えている。驚くべきことに、彼は今も人肉(最初は金髪の白人女性だったが、今は日本人への欲望が増している)を食べることへの絶え間ない欲望を語っている。

 そうした理由から、佐川が犯した罪に対して紋切り型の道徳をふりかざしても、彼が演じているグロテスクな仮面を剥ぎ取り、その仮面の裏にある「弱弱しく混乱したひとりの人間」を炙りだすことはできない。本作では、佐川が自身の罪に対してある種の道徳的な罰、あるいは自身の食人的欲望に対する何らかの理解に到達しようと無駄に探し求める姿を見ることになる。

 撮影は東京郊外にある彼の小さな自宅と病室で行われた。映像には彼の日常生活や、彼の弟である純さんとの長い対話が収録されている。佐川は数年前から脳梗塞に苦しみ、糖尿病を患っている。弟の純さんが甲斐甲斐しく佐川を介護している姿が映し出されるが、映像が進むにつれ、この2人の愛憎入り混じった複雑な関係がゆっくりと明らかになるだろう。


●佐川 純
 今から3 年半前、ドキュメンタリー映画の第一人者であるヴェレナとルーシァンの二人が来、私達のアパートで撮影された日々は私達兄弟にとって実に刺激的なひと時でした。そのドキュメンタリーが今回日本で公開される事になり、観賞される方達がどんな反応を示すか、心配でもあり恥ずかしくもありと言うところでしょうか。どうか多くの方に来場していただくことを望む次第です。


●佐川一政
 今現在、入院中ですが、良くなるよう祈っていただけると嬉しいです。


●里見瑤子
 佐川さんと出会ったのは20 年程前、24時間佐川さんのお宅で過ごすという企画だった。

 小説等を書いたりしている男の人、名前は佐川さん、ちょっと普通と違うところがある…それくらいの前情報だったように記憶している。

 お茶をいただきながらお話しをして、打ち解けてきたところで、パリの事件の写真をテーブル
の上に置かれて、「あなたはこれを知っても佐川さんと仲良くできますか?」と問われる。突然、カメラの向こう側に全ての人間の目がある事に気がついてしまった。嘘を言ったり、繕ったりしたりする事が怖くなった。たくさんの目から逃れる事はできないという野生の勘みたいなものが私の中で目覚めた気がした。そう感じたら、今、佐川さんと私は檻の中に二人だけ入れられて、みんなに見られている心細い心境同士に見えてきた。興味深い実験の場にいる意義に重きを置くためには、ありのままでいようとする事以外は思いつかなかった。

 テレビやラジオ、映画、雑誌など、そういうものとはあまり縁のない子供時代だった。作り物にはまりたくなかったのでしょう。直接知ってるわけではない誰かのフィルターを通したものに影響を受けたくない感覚を持っていたがゆえ、メディアには興味を持たずにやり過ごしていた。なのに、私はこの仕事をするようになってから“直接関わりのある人たち”とも、距離を置くようになったことを覚えている。

 佐川さんとの撮影が終わって、友達に会ったりした時、「ねぇねぇ聞いて、なんだかすごい経験しちゃったかもしれない、あのね、…」でもその後の言葉が続かない。それまで、嬉しい事もビックリした事も悲しい事も悩み事も、何かあったら友達に話したくてしょうがないって感じだったのに、遠慮だったのだと思う。撮影時、私自身最後に湧いてきたのは、この企画で私が壊れてしまったらどう責任とるつもりなんですか? という憤りみたいなものだったから。その一方で、この企画の面接を受けたのも、やりますって言ったのも私で、具体的な内容は知らなくても、想定内の事ではあって、追い詰められた私がどう出るかというのが、企画のおもしろみであるのだろうとも感じてはいた。

 たくさん人がいるところに行くと、たまに、すっと誰かが近づいてきて「君、映画とか出てるでしょ?」と耳元で囁かれる。私を見つめる瞳の奥から僕は知ってるんだよって声が心に響いてくる。彼らの中の何かが満足したのだろうか。人に言わないでいる不安定な気持ちを持っているせいか、妄想もあるけど、その瞬間、ちょっとホッとする自分もいる。

 この「カニバ」の撮影が始まって、佐川さんが私に会いたい、私と何か作品を作りたいと言っているとの連絡があり、まず二人の監督と会って、佐川さんと私が出会った撮影時の事を伝えた。聞いているお二人の反応は、面白がるという感じではなくて、親しい友達のようなものだった。言葉でのやりとりはできなかったけれど、あなたはそんなに傷つかなくていいんだよと伝えてくれている気がした。人類学者の視点なのかしら? と根拠もなく、自分が持ち得ていない何かもっと大きな世界観からの価値観とこれから出会うんじゃないかという予感がした。

 佐川さんからの具体的な提案はなさそうだったので、私としてはノープランで佐川さんのお宅に2 回撮影の為に伺った。1 回目は、その場の思いつきで佐川さんの絵を描いたり、お話しをしたり、2 回目は用意されていたメイド服を来て散歩したりお話ししたり。ヴェレナとルーシァンが私に何故メイド服を用意したのか、その意図は分からなかった。ちょうどそのタイミングで映画館で上映されていた私の出演映画があって、その中で私がメイド服を着ているのを見て思いついたらしい。でも、なぜ?  私は嫌だったけれど、着た。もし、その日私が着ていた私服だったら、佐川さんと話す内容も違うものになったことは確かだ。

 二人はそれぞれカメラを回し、私たちの周りを色々と動いて撮影していた。カメラが一台じゃない事、色々と動いているので、いつの間にか、どこにカメラがあるのかを全く気にしなくなっていった。

 佐川さんと出会った作品を、私は当時観れませんでした。撮影現場で感じたもの、それだけ
が私にとって全てだと思ったし、作品はそれとはきっと違うものになっていて、そのギャップを受け止める勇気が持てなかった。そして今もまだ観ていない。あれから20 年程たった今、「カニバ」を観た今、あれを観る機会をどうしようかと思いあぐねています。私の記憶と映像に残っている私の言葉には違いがあるのだろうとも思う。その違いの中に、重要な発見があるような気もしている。

 あの時より長く生きてきて、今は、他人が必要。繋がりたい、関わりたい、一緒に過ごしたいっていう気持ちが大きくなってきている。

 先日、佐藤寿保監督と佐川さんに会いに行ってきた。佐川さんは笑顔で私に手を伸ばしてきて、私はその手を握った。みんなで話しをしている間そのままでいた。寿保監督は佐川さんの足をずっと握っていた。

 ヴェレナとルーシァンの「カニバ」は、一度で終わるはずだった私と佐川さんとの二度目のドキュメンタリーとなった。

 

■イベント告知

映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』
衝撃の“タブートーク・ライブ”開催決定!


各国の映画祭で途中退場者続出! 日本のすべての配給会社が買付けを拒否!
1981年、フランス・パリで起きた前代未聞の猟奇殺人事件「パリ人肉事件」で愛した女性を食べた男・佐川一政の現在に迫ったドキュメンタリー映画の公開記念イベントを開催!

本作の日本公開初日に、ここでしか聞けない映画製作の舞台裏の禁断話を出演者、関係スタッフのゲストたちがすべて暴露! 映画より恐ろしい製作現場を解禁する!
18歳以上しか見てはならない“衝撃のステージ”も解禁予定…! 

佐川一政の弟&佐川とAV共演した女優も登場! 映画『カニバ/パリ人肉事件』公開記念の超閲覧注意イベント7月12日開催決定!映画より恐ろしい製作現場解禁!!の画像2

<チケットはこちらから>

★映画『カニバ』公開記念(R18)トークイベント★
日時:7月12日(金) 
場所:渋谷ロフト9 
東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS(キノハウス) 1F TEL 03-5784-1239OPEN 18:00 / START 19:00(END 22:00予定)
前売¥1,500 / 当日¥2,000(税込・ドリンク代別)
※18歳未満入場不可。要身分証明書。
前売りチケットはこちらから※18歳未満入場不可。要身分証明書。

トークライブ・ゲスト
佐川 純(佐川一政氏の実弟)
里見瑤子(「カニバ」出演)
根本敬(特殊漫画家)
佐藤寿保(映画監督)
ケロッピー前田(ジャーナリスト)
姫乃たま(文筆家)

角 由紀子(TOCANA編集長)
叶井俊太郎(映画プロデューサー)

※イベントはすべてニコニコ動画での公式生放送で配信されますことをご了承ください。

映画『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』
原題:Caniba 監督・撮影・編集・製作:ヴェレナ・パラヴェル、ルーシァン・キャステーヌ=テイラー  出演:佐川一政、佐川純、里見瑤子
2017年/フランス・アメリカ合作/90分/カラー作品/DCP
R15+/配給:TOCANA ©Norte Productions,S.E.L
★公式サイト:http://caniba-movie.com/ 
★公式Twitter:@ CanibaJP

※佐川一政と「AV共演」女優・里見瑤子のインタビュー記事はコチラ

※『カニバ/パリ人肉事件38年目の真実』関連記事まとめはコチラ

2019年7月12日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国“トラウマ”ロードショー! &配信も決定!!!!

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。