『君の名は。』は現実に起きる!? ある日突然、隕石衝突はありえる! 東大教授・杉田精司インタビュー

関連キーワード:

,

,

,

『君の名は。』は現実に起きる!? ある日突然、隕石衝突はありえる! 東大教授・杉田精司インタビューの画像1
テレビ朝日HPより引用


  7月19日に全国で公開される新海誠監督の最新作『天気の子』のプロモーションとして、6月30日今夜、テレビ朝日系で『君の名は。』が放送される。『君の名は。』は、米「Gizmodo」が発表した2017年ベスト映画ランキングでは、『スターウォーズ/最後のジェダイ』、『ワンダーウーマン』を抜き、1位に選ばれた押しも押されぬ名作映画だが、物語の中で重要な役割を担うヒロインの友人が雑誌『ムー』の愛読者という設定で、『ムー』を広げ、アカシックレコードやエヴェレットの多世界解釈について書かれたページを見せるシーンが登場するなど、オカルト色の濃い作品でもあった。そして、新作の『天気の子』の主人公も東京へ家出をして怪しげなオカルト雑誌のライター業に勤しむ男子高校生と、祈ることで天気を変えることができる少女というオカルト色の強い設定であるため、オカルト界では“新海誠監督は、間違いなくこっち側(オカルト)の人”と色めきだっている。

 ちなみに、かつては日本でも、念じることで雲を消すおじさんがよくテレビに出ていたが、天候操作はオートマキネシスといって、比較的多くの能力者が実践できる能力でもあり、熟達すると雲を消すだけでなく製造する能力も身につくことで知られている。おそらく新海誠監督はそうしたオカルト的事例を調べ尽くした上で『天気の子』を製作していると思われるが、『君の名は。』も徹底的に隕石墜落やパラレルワールドに関すしてリサーチされた上で製作されたものだった。

 というのも、『君の名は。』の設定のようにある日突然隕石落下によって街が消滅する可能性はあるというのだーー。

 今夜の放送にあわせて、過去に東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻の杉田精司教授(比較惑星学)にインタビューした記事を再掲する。

////////////////////////////////

『君の名は。』は現実に起きる!? ある日突然、隕石衝突はありえる! 東大教授・杉田精司インタビューの画像2杉田精司教授(撮影:編集部)

 降り注ぐ汚染物質、大気圏に空いた穴、歪む重力、エイリアンの侵略、太陽嵐による電力・通信網のダウン、忍び寄る病原菌、核戦争の脅威……。トカナが日頃から指摘してきたことであるが、現在の地球はこのように人類滅亡につながる大災害のリスクに満ちている。そして昨今、各国が特に対策に力を入れはじめた“地球存亡の危機”こそ、巨大隕石の衝突だ。

『君の名は。』は現実に起きる!? ある日突然、隕石衝突はありえる! 東大教授・杉田精司インタビューの画像3画像は、ヒストリーチャンネル「人類滅亡の日~世界が終わる10のシナリオ~」より引用

 巨大隕石の衝突による地球の死――それは、私たちの意思や希望などお構いなしに発生し得る不可抗力といえる。ある日突然、すべてが終焉を迎える事態は本当に起きるのか?

 真実を探るため、今回トカナはヒストリーチャンネル(スカパー!やケーブルテレビなどで視聴可能)の新番組『人類滅亡の日 ~世界が終わる10のシナリオ~』に専門家陣の一人として登場する、東京大学理学系研究科地球惑星科学専攻の杉田精司教授(比較惑星学)にインタビューを敢行! 気が遠くなるほどのスケールで人類に迫ってくる宇宙の謎と脅威に、最前線で立ち向かう日本を代表する科学者は、いったい何を語ったのか!?

■隕石衝突による地球滅亡は現実的危機か?

――杉田教授、本日はトカナのインタビューをお受けいただき、誠にありがとうございます。まずは単刀直入にお伺いします。果たして巨大隕石による人類滅亡について、現代を生きる私たちは本当に危惧すべきなのでしょうか?

杉田精司教授(以下、杉田)  客観的に(隕石に関するさまざまなデータ上の)数字だけを見て考えれば、私たちが生きているうちに文明が破滅するような衝突が起きる可能性を必要以上に騒ぎ立てて、怖がらなくてもよいのではないかと思います。

――えっ! では、現時点でそこまで対策を練る必要はないということですか?

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ