中国で横行する“ぼったくり包茎手術”の実態がヤバすぎる! 手術途中で追加料金請求、払わなければ…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

,

,

中国で横行するぼったくり包茎手術の実態がヤバすぎる! 手術途中で追加料金請求、払わなければ…!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 中国では整形手術をめぐるトラブルが後を絶たないが、被害に遭うのは女性だけでない。男性の包茎手術でもトラブルが相次いでいる。

「香港01」(3月18日付)によると、甘粛省蘭州市に住む孫さんは、蘭州愛德華医院で包茎手術を受けた。事前に費用は2,000元(約3万4,000円)前後と確認して手術に臨んだが、医師からさまざまな理由をつけられ、最終的には1万2,000元(約20万4,000円)を請求された。その内訳は、手術代が5,000元(約8万5,000円)、ウイルス感染の治療のための処置代が7,000元(約12万円)とのことだった。

 孫さんは手術中に価格を吊り上げられたことに納得がいかず、抗議。すると病院側は「孫さんの男性器は皮が思いのほか長いうえに、カンジダに感染していて中に大量の白い垢があり、それを除去するために追加料金が必要だった」と釈明した。その処置が手術代より高いというのは、あまりに不自然だ。

 蘭州市でのトラブルはこれだけでない。「ETtoday」(2018年11月20日付)などによると、雲南省に住む姚(よう)さんは、旅行中に広告を見かけたことがきっかけで、蘭州現代男科医院で包茎手術を受けることにした。事前に、医師から費用は538元(約9,000円)であることを確認していたが、半分ほど手術が進んだところで、「追加で1万5,300元(約26万円)を払わなければ手術を中止する」と通告された。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年6月7日 19:43 | 返信

流石ですねぇ。一党独裁政治の国って国民も質が悪いな!自分の事しか考えてない。人を思いやる心はどこに行ったのかな?

3:匿名 2019年6月7日 17:26 | 返信

2にいいね!一個。
日本での日常。
Aという人間がいたらそいつより立場が上か下か瞬時に判断して、上であれば皆でおちょくり、下であれば光の速さでゴマをする。
まさしくビョーキの民族よ。
皆がやってるため誰もビョーキだとは思わない。
朝鮮人の『火病』と同じく日本の風土病と言って過言ではない。
朝鮮人のほとんどが火病なため、誰もそれをおかしいとは思わないのと同じく、日本人のビョーキも皆がビョーキなため誰もおかしいとは思わない。ボケ老人が自らをボケたとは思えないのと同じこと。

2:匿名 2019年6月7日 16:24 | 返信

日本では差別が日常茶飯事

1:特命 2019年6月7日 14:48 | 返信

支那では日常茶飯事
こんなのをいちいち記事にしてたらキリがなかろう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。