テッド・バンディ大特集! 5年間に30人を殺害、12歳少女までも…強姦、噛みつき、肉体もぎ取り! シリアルキラーの生涯に迫る!

【シリアルキラー・猟奇殺人 完全紹介シリーズはコチラ】

テッド・バンディ大特集! 5年間に30人を殺害、12歳少女までも…強姦、噛みつき、肉体もぎ取り! シリアルキラーの生涯に迫る!の画像1
画像は「Netflix」より引用

 Netflix『殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合』集中レビュー
<第1話はこちら>

<第2話はこちら>

 1970年代に全米を震撼させたシリアルキラーのテッド・バンディ。74~78年のわずか5年の間に、7つの州で30人の女性を殺害したことを自白しているが、被害者のうち10人は身元も判明していない。テッドが明かすことを拒んだためだが、殺害した相手の身元など興味がなく、誰なのか知らなかったため口を閉ざしたのだとも言われている。

 30人を殺害したことを認めたテッドだが、当局は100人は殺しただろうと睨んでいる。テッドが14歳の時、近所に住む8歳の少女が行方不明になっているが、彼が殺したのではないかとされている。被害者の多くは10代、20代の若い女性だったが、中にはわずか12歳の少女もいた。

 彼がシリアルキラーになったきっかけとして、「大学時代に交際した裕福な女性に捨てられたことから、若い女性に復讐したいと思うようになり女子大生を殺害するようになった」という説が有力だとされているが、「特に意味などなく、快感を得るために殺しをしていた」という説もある。

 どちらにせよ、テッドは「先天的なサイコパス」であり「後天的なソシオパス」という、まさに史上最悪のシリアルキラーだったのだ。

 フロリダ州立刑務所で死刑執行を待つテッドが事件について語った肉声を紹介するドキュメンタリー番組『殺人鬼との対談:テッド・バンディの場合』第三話では、テッドの2度に渡る大胆な脱走劇を、テッド自身が分析する。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?