奇習! 初SEXは島民全員に見守られながら…! 周囲の過剰演出と連携プレーに支えられた伝統的“恋愛成就システム”の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ 島嶼部】

奇習! 初SEXは島民全員に見守られながら…! 周囲の過剰演出と連携プレーに支えられた伝統的恋愛成就システムの実態の画像1
画像は「getty images」より引用

 エンタメ大国・アメリカの影響からなのか、日本でも年々リアリティショーの要素を持った番組が放送されるようになっているが、こうした「人の色恋沙汰を傍観する」という文化は、それが「番組」ではないにせよ、古くから日本の一部で行われていたようだ。


「そうね、若い男と女の色恋を、みんなで見守って、うまくいくように手助けしてやるっていう習慣が、昔はあったよな」


 かつて某島嶼部のとある小さな離島で行われていた奇妙な風習についてそう語るのは、現在もなお、当地で近海漁を続けているという“現役漁師”の佐藤孫七さん(仮名・88)。佐藤さんの話によると、その昔、同島を中心としてこの地方では、若い男女たちの恋愛模様を、島民全員で見守り、その想いが成就するように仕向けるという、なんとも不思議な行為が行われていたのだという。


「若い男と女っていうのはね、大概、ちょっとしたことで揉めて、うまくいかなかったり、うまくいってもすぐに別れちまったりするわけなのよ。だからね、ここいらじゃ島の人間がさ、そういう連中を四六時中監視してだね、“ちゃんとした夫婦”になるまで世話を焼いてやるっていう習慣があったのさ」


 そもそも男女の色恋というのは、それぞれの自由意思ではじまり、そこからの流れも、基本的には当事者同士で進めていくというのが一般的である。しかし同島においては、そのスタートこそ当事者同士次第ではあるものの、その関係が成熟し、夫婦となるまでのプロセスは、島民たちの連携プレーによって進められるのだというから驚くばかりだ。


「まずね、“誰々と誰々が好きあってるらしい”っていう話になると、それを聞きつけた人間が、それぞれの両親にそのことを伝えてね、許可をもらうんだよな。それで問題ないっていうことになると、島の連中全員が、2人の間に入る形で、あれやこれやと世話を焼いて、2人をくっつけちゃう。それで実際にくっついたら、最初に契をかわす段取りだの、そのときの作法やらなんやらを“それとなく”教えたりしてね……まあ、それで目出度く夫婦になれたら、そりゃあもう、拍手喝采だよ(笑)」

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。