奇習! 村人全員が穴兄弟&竿姉妹、生まれた子供は…!? 毎月パートナー変更する「くじ引き結婚」の伝統=西日本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

奇習! 村人全員が穴兄弟&竿姉妹、生まれた子供は…!? 毎月パートナー変更する「くじ引き結婚」の伝統=西日本の画像1
画像は「getty images」より引用

 諸外国に比べてどこか閉鎖的なイメージをもたれやすい我が国においても、近年では、いわゆる“フランス婚”をはじめとする実に様々な形の「婚姻」のスタイルが、急速に広まりつつあるが、そうした「婚姻」の様式について、日本各地に点在する様々な事例をみていくと、現代の我々から見ても、にわかに信じがたいタイプのものも、少なからず存在しているようだ。


「そりゃあ、基本的にはくじ引きだからね。しかもそれをひと月ごとにやるっていう。よその人からすりゃ、おかしなことに見えるかもわからんね(苦笑)」


 かつて西日本のとある地域で行われていたという、“なんとも奇妙な婚姻関係”についてそう語るのは、現在も長男世帯とともに当地で暮らし、その余生を過ごしている西川榮一さん(仮名・82)。なんでも西川さんの話によれば、その昔、当地においては、村の成人男女全員が参加する「くじ引き」によって、夫婦関係が決まるという、にわかに信じがたいシステムが存在していたのだという。


「毎月ね、最初の日にさ、村はずれのお堂のところにみんな集まってね、そこでくじを引くの。番号が振られたやつね。その番号が同じになった男と女がね、次のくじ引きまでの一カ月の間、夫婦として一緒に暮らすっていう。そういう仕組みだわな」

コメント

3:匿名 2019年6月16日 03:05 | 返信

適当なチラ裏書いてるだけで記事になるんだもんなぁ

2:匿名 2019年6月15日 21:33 | 返信

中華人民共和国。

1:匿名の飽きた 2019年6月15日 19:03 | 返信

あははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははははw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。