奇習! 勃起ペニスの亀頭に酒を…! 少年たちが競いあう「勃起力比べ」の伝統=北関東

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ 北関東】

奇習! 勃起ペニスの亀頭に酒を…! 少年たちが競いあう「勃起力比べ」の伝統=北関東の画像1
画像は「getty images」より引用

「今の人からすりゃあれかもわからんけど、そりゃあもう、昔の男たちっていうのは、たとえ子供だって“男の世界”で生きていたもんだからね。そういう時代には、年上の先輩連中がおっかなかくてさ。言うことにはハイハイ素直に従ってたもんなんだよ(苦笑)」


 今の時代の感覚でいえば、パワハラでしかない“男社会の文化”についてそう語りはじめたのは、北関東のとある海沿いの地域で生まれ育ち、現在もなお、当地で暮らす柳沢亨三さん(仮名・80)。なんでも柳沢さんの話によると、“男だけの独立したコミュニティ”があったという当地においては、かつて、年長者である成人男性たちが、年端もいかぬ少年たちに対して、なんとも理不尽な行為を強要する習慣が存在していたのだという。


「男っていうのは、色気づく頃になると、朝から晩までことあるごとに“おっ勃つ”生き物だろ? 要はね、その力を試すっていうしきたりなんだけども、大抵はさ、大人の男たちがね、酒の席での余興としてさ、ガキ連中にやらせてたことなんだよな」


 柳沢さんの話によると、ことあるごとに酒宴を開いていたという当地の男性たちは、大人のみならず少年たちをもそうした席に招き入れ、比較的早い段階から、“男の世界”を垣間見せることが通例と化していたのだという。要はそうした席で行われていたのが、柳沢さんの言うところの「余興」なのだが、その内容がなんとも唖然とさせられる内容なのだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年6月8日 21:09 | 返信

オッサンたちの顔を見ながら勃ったままに出来るやつは単なるホモなんじゃないかとも思う。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。