【閲覧注意】育児放棄された12歳少女、体重わずか6kgで発見される! 骨と皮だけ、瞳しか動かせず… =ルーマニア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】育児放棄された12歳少女、体重わずか6kgで発見される! 骨と皮だけ、瞳しか動かせず… =ルーマニアの画像1画像は、「BestGore」より

 児童虐待のニュースが絶えない。千葉県野田市の女児死亡事件などでは、親が「しつけ」名目で子供を虐待していた。このことを受け、親による体罰禁止を規定した児童虐待防止法と児童福祉法の改正案が今月28日、衆院本会議にて全会一致で可決された。参院に送付され、6月中旬には成立する見通しだ。

 児童虐待というと、体罰を含む身体的虐待が真っ先にイメージされがちだが、その種類は多岐にわたる。子供に性行為を迫るなどの性的虐待、言葉によって脅迫するなどの心理的虐待、そして、子供の世話を放棄するネグレクトなどである。中でも食事を満足に与えないネグレクトは悲惨で、子供がガリガリにやせ細って衰弱死するケースも少なくない。

 米インディアナ州モンロー郡で今月、両親からネグレクトされていた12歳の少年、エドワルド・ポッソさんが救出され、搬送先の病院で死亡した。エドワルドさんは、父親のルイス・ポッソ(32)と継母のダヤン・メディアン・フローレス(25)によって約1年間、犬の首輪をつけられた状態で浴槽に監禁されていた。救出時のエドワルドさんの体重はわずか25キロほどだった。夫婦の携帯電話からは浴室を映した動画が見つかり、他の3人の子供たちがエドワルドさんを無視して浴室を行き来する様子が映っていた。また、ダヤンは息子を監禁した浴室で自撮りしていたというから、まさに鬼畜の所業である。

 こうしたネグレクト事件は、世界各地で頻発している。その中でもとりわけ悲惨な事例を海外の過激ニュースサイト「BestGore」から紹介しよう。ルーマニアの都市ボトシャニで撮影されたという動画には、前述のエドワルドさんと同年齢である12歳の少女の姿が映っている。やせ細った手足、あばらの浮いた胸、虚ろな表情――。瞳を左右に動かすだけで、それ以上は何もできないほどに衰弱しているようだ。解説によると少女の体重はわずか6kg、救出されてから2週間後に死亡したという。

 ネグレクトされた子供たちの死を無駄にしないためにも、児童虐待を防止するための法制度と社会的仕組みが世界各国で整備されることを願うばかりだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

1:匿名 2019年6月2日 05:54 | 返信

子供の虐待の記事を載せすぎ!煽ってんのか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?