署内でセックス三昧、隠し撮りも… 3人の消防隊員を燃え上がらせた美人隊員! 「恋の放火魔」のヤバさとは!?=中国

関連キーワード:

,

,

,

,

署内でセックス三昧、隠し撮りも… 3人の消防隊員を燃え上がらせた美人隊員! 「恋の放火魔」のヤバさとは!?=中国の画像1
情事の舞台となった新北市消防署(ETtodayより)

 台湾の消防署で、計3人の現役隊員が関わるセックススキャンダルが明るみに出た。

 台湾メディア「ETtoday」によると、このスキャンダルの主人公は新北市の消防署に勤務する女性隊員だ。

 彼女は以前、桃園市の消防署に勤めていたが、既婚の男性隊員と不倫関係に陥り、相手側の妻との和解の条件として、別の消防局へ異動することとなった。しかしその直後、今度は異動先である新北市消防署の分隊長と交際を始めた。

 分隊長は独身だったため、交際自体は問題なかったものの、2人は職場である消防署内で情事を重ねていたという。

 そんな中、2人の関係に気づいた同僚の男が、署内での情事を隠し撮りした上、「俺と交際しなければ動画をばらまく」と女性隊員に交際を迫った。結果、女性隊員はこれを了承。三角関係となった。

署内でセックス三昧、隠し撮りも… 3人の消防隊員を燃え上がらせた美人隊員! 「恋の放火魔」のヤバさとは!?=中国の画像2
イメージ画像:「Gretty Images」

 しかし、事情を知る匿名の人物から上層部への告発が寄せられ、3人は処分されることに。

 署内で情事を重ねていた分隊長は主任の職を解かれ、降格処分に。セックス動画を盗撮し、女性隊員に交際を迫った男性隊員については、女性隊員から”被害届は出さずに穏便に済ませたい”という申し出があったため、免職処分で済む見通しだという。

 計3人の現役消防隊員を燃え上がらせた女性隊員は、ネット上では「恋の放火魔」という異名も付けられているが、事件発覚に精神的ショックを受け、入院。現在は退院しているようだが、署は今後、彼女にカウンセリングを行ったうえで異常が見られなければ通常業務に復職させるとしている。

 ただ、処分発表後も、納税者らによる批判は収まっていはいない。消防当局は今後も”火消し”に追われそうだ。

文=青山大樹

関連キーワード

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?