小室圭さん問題の責任をとって“皇位継承順位から外れる”のでは…!? 宮内庁担当記者らが噂する最悪のケースとは?

関連キーワード:

,

,

,

小室圭さん問題の責任をとって皇位継承順位から外れるのでは…!?  宮内庁担当記者らが噂する最悪のケースとは?の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)

 平成から令和への代替わりに伴い、皇位継承順位も秋篠宮皇嗣殿下が第1位となり、悠仁さまが第2位となった。この皇位継承順位も影響し、小室圭さんへの批判的な声が多い側面もあるのだが、じつは小室さん問題を巡り、皇位継承順位さえも変動するのではないかとの噂が宮内庁記者クラブの中で囁かれているという。

「継承順位は皇室において男性がお生まれになった段階で決まるもので、政府や国民が口を出せるものではありませんし、皇室の皆様でさえ勝手に変えることができない『持って生まれたもの』とも言える存在です。しかし、今回の小室圭さんの問題がここまで大きくなり、その責任問題も世論の中にあることを皇室の皆さんは知っています」(在京テレビ局宮内庁担当記者)

 たしかに事前に小室圭さんを調査をしなかった宮内庁、さらには秋篠宮家への批判の声もあるのが事実だ。さらに佳子さまが姉である眞子さまの思いを応援するスタンスを表明したことも批判につながっている。

「こうした世論を受けて最も頭を抱えているのが秋篠宮殿下です。放任主義などと言われたり、早々に破談に持ち込まないことを批判されていたりしますが、秋篠宮様としてはここまで世間からバッシングを浴びれば、小室圭さん側から辞退の声が出てくると予想されていたわけです。しかし、その気配すらありません。そのことに驚きもあるでしょうが、同時にそこまで不思議な人間との婚約を進めてしまったことに後悔し、責任を感じていると言われています」(同)

 小室圭さんは現在国外に出て行ったが、責任を感じて出て行ったわけではない。すべてが予想外だったようだ。

「さらに、これらの話は平成令和双方の天皇・皇后陛下にも逐一報告されており、それぞれに心配をかけている状態です。陛下を支えるのが皇族の務めでもある中、この点が最も大きな後悔に繋がっているようです。そのため、この件がどのように終結するのかはまだ見えていませんが、何かしらの形で決着を見せたとき、秋篠宮様が責任をとって皇位継承順位から自らが外れると言い出すのではないかと囁かれています」(同)

 法的に皇位継承順位から外れることが可能なのかどうかはさておき、このような想いがあってもおかしくはない。それほど大きな問題になってしまっているのだ。

「長い皇室の歴史の中でも、ここまで婚約候補の相手が叩かれることなどありませんでした。言ってみれば大きな汚点を自らの責任で招いてしまったわけです。また、そもそも現在の陛下の弟という立場もあり、年齢的に自らが継承してもそう遠くない時期に悠仁さまに受け継がなくてはなりません。そうなれば元号がまた変わり、金銭的にも国民生活にも大きな影響を与えることとなります。そのため、自分を通り越して悠仁さまに受け継いだほうが様々な面でメリットが大きいと考えておられる可能性があります。だからこそ、小室圭さん問題の責任をとるという形で、遂行するのではないかと言われているのです」(同)

 仮に秋篠宮殿下が継承順位から外れるようなことがあれば、小室親子の立場は今以上に苦しいものとなるだろう。しかし、そうでもしなけば膠着状態のまま事態は一向に変化しない可能性がある。

文=吉沢ひかる

関連キーワード