【衝撃】心臓手術で切開した胸が爆発! 「人体自然発火現象」か… 世界でたった数例の激ヤバ事件発生!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
【衝撃】心臓手術で切開した胸が爆発! 「人体自然発火現象」か… 世界でたった数例の激ヤバ事件発生!の画像2
画像は「Getty Images」より引用

 傷口を焼いてふさぐのに電気焼灼器が使われ、その火花が患部の近くにあった乾いたサージカルパッド(手術用ガーゼの一種)に飛び、さらに漏れたガスに引火、爆発が起こったのである。

 すぐに消火が行われ、幸いなことに患者にケガや後遺症は残らなかった。

 この事故は、6月1〜3日にオーストリア・ウィーンで開催された欧州麻酔学会で報告された。報告者の医師によると、手術はこのハプニングの後も問題なく進行し、成功に終わったとのことだ。

 手術中の胸部で火災とはぞっとするような事故だが、同様の事例は過去に7回報告されているという。うち3回は胸部手術中、4回はバイパス手術中で、いずれのケースでも患者がケガをすることはなかったという。元々肺に疾患を抱えた患者の手術中だったこと、電気焼灼器、乾いたサージカルパッド、麻酔薬中の高い酸素濃度という4点が共通点として挙げられるそうだ。

 一歩間違えば大惨事になりかねない今回の発火事件。どうやら人体自然発火現象ではなかったようだが、とにかく患者が無事で何よりである。

参考:「Fox news」、「Science Alert」、ほか

編集部

コメント

2:匿名 2019年6月6日 18:47 | 返信

興味湧く見出しを本文最後で自己否定するトカナ恒例クソ記事

1:匿名 2019年6月5日 11:37 | 返信

今更だけどさ、こういうの思いっきりタイトル詐欺

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。