【衝撃】火星で“悪魔の顔”が次々発見される異常事態! 欧州宇宙機関(ESA)のガチ画像で「火星人=悪魔」説に真実味!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント12

 かつて火星において、知的生命体による文明が繁栄していたのか? とすれば“火星人”はいったいどんな姿をしていたのか? UFO研究家による最新の発見では、それは“悪魔”の容貌であったことが指摘されている。火星の地表に恐ろしい形相の悪魔の顔が見つかったのだ。

■火星の地表に“悪魔顔”

「夏草や兵どもが夢の跡……」とは、かつて松尾芭蕉が現在の岩手県・平泉の古戦場を訪れた際に詠んだ句だが、芭蕉はこの時、500年前にこの地で繰り広げられた合戦の痕跡を何か発見したのだろうか。

 台湾在住の著名なUFO研究家、スコット・ウェアリング氏はかつて火星に存在した知的生命体の痕跡をまたしても発見している。

 ウェアリング氏がYouTubeチャンネル「ET Data Base」に先日投稿した動画では、欧州宇宙機関(ESA)のウェブサイトのアーカイブ画像の中から、火星の地表に残る“火星人”の痕跡を解説している。

 画像の中に8点の火星人の“顔”を発見したウェアリング氏だが、その中でも1点、実に目を引く箇所がある。なんと“悪魔顔”だ。

【衝撃】火星で悪魔の顔が次々発見される異常事態! 欧州宇宙機関(ESA)のガチ画像で「火星人=悪魔」説に真実味!の画像1
画像は「ET Data Base」より

「これが悪魔の顔だと思う人は多いでしょう。この“悪魔顔”は周囲からとても目立っています」(スコット・ウェアリング氏)

 “悪魔顔”を拡大して見ると、緑の顔色をした耳が大きいネコのようで、どこか凶悪な雰囲気を放つ顔がくっきりと浮かび上がっている。

「しかし、これを悪魔であると決めつけるのは間違いです。私は、最も親切な魂を持つ邪悪な顔の人々、あるいは最も邪悪な魂を持つ優しい顔の人々を発見したというニュートラルなスタンスです。ともあれ、何であるのか判断せずに観察だけをしてください」(スコット・ウェアリング氏)

 ちなみにこの画像は現在はESAのウェブサイトからリンクは外されているということだが、ウェアリング氏は数年前に記録しておいたというこのURL(http://esamultimedia.esa.int/images/marsexpress/062-160604_0360-6.3d-01-MelasChasma.jpg)を公開している。今のところはこの画像そのものは削除されていないようだ。はたしてこの“悪魔顔”はかつての火星人のビジュアルを示すものなのだろうか。

コメント

12:匿名 2019年6月9日 11:08 | 返信

>> 11

人間ある道を進むならば、その道を進まない人間からは罵倒中傷されたり、蔑まれたりいじめられたりすることぐらい当たり前であろう?
そんことぐらいでその道を諦めるならばもともとその分野には向いていなかったということ。
最近ある人にそういうことを教わった。確かにそうだなと思った。

11:匿名 2019年6月9日 06:00 | 返信

今現在は生命がおるかは分からないが過去にはいたであろう。現実的に建物や道路等の証拠がそれを示している。なのに否定してるやつは根拠はなんなんだ?教わってないから信じたくないだけだろ?正に都合のいいあやつり人形!

10:匿名 2019年6月9日 03:31 | 返信

そういえば昔どこぞのスピ系が
地球は宇宙において二番目に恐ろしい星です。
と言った。
じゃあ、一番目どこですか?
と質問したら
火星です。
と返ってきた。
地球よりも恐ろしい星だなんてどんなところなんでしょうね?

9:パンチラ 2019年6月8日 20:24 | 返信

悪魔の顔は合成ぽい

8:匿名 2019年6月8日 19:09 | 返信

悪魔崇拝ばかりしていたから滅んだんだよ

7:匿名 2019年6月8日 16:08 | 返信

何度も言うが、スコット先生の本業は高校教師。
学生達へのウケ狙いでパレイドリアを承知の上で、こうしてジョークサイトをやっている。
それ真に受けているのか、真実ではないことを承知の上で転載しているのがTOCANA。

6:匿名 2019年6月8日 15:46 | 返信

悪魔の星〜
かっけ〜〜
Tシャツにしてみんなで着ようぜ!

5:特命 2019年6月8日 13:56 | 返信

>> 3

火星に知的生命体がいるはずなかろう

ちょっと考えりゃ小学生でもわかること

4:1 2019年6月8日 13:46 | 返信

>>2
すまんな2
俺がやりたくなったのは初代やⅡの方なのよ。さすがに今時はGZDoom等のソースポートを使わんとやってられないオールドスクールすぎる黎明期仕様なFPSだが、あの'80~'90年代当時のメタルをモロパクりしたかのような陽気なBGMに、脳みそ空っぽにしてアホみたいに高速移動しながらトリガーハッピーできるあの感覚をもう一度…ってね。DOOMを無性にやりたくなるマイブームは何度かあったんだけど、近年の一押しWADは、やっぱり「Brutal Doom」ですわ。あんなドットの荒い2.5DなFPSなのに、ゴアやスプラッター要素などの視覚効果が大幅に強化されていて、トリガーハッピー度1000%アップ!もう最高にオススメ!ロメロの謹製の新作WAD「SIGIL」も出てたみたいだし、マジで久しぶりにDOOM三昧しようと思うわ

3:匿名 2019年6月8日 13:04 | 返信

何を見たって顔に見えるんだからもう病気だろ。
どこをどう見たら「真実味」が出てくるんだよ。。。

2:匿名 2019年6月8日 12:57 | 返信

DOOM3はidソフトウェアの中でも最高傑作ですよね。火星が舞台ていう設定が孤独感を高めるのにうってつけだし、音響効果やゾンビの出現の仕方、人体実験等のすぷらった〰️な描写がお化け屋敷みたいで、非常にリアル、あの臨場感ある恐怖感を味わえるゾンビゲームを越える作品は未だにないと自分は思います。

1:匿名 2019年6月8日 12:11 | 返信

久しぶりにDOOMやりたくなったわ
ありがとう!スコット

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。