カラテカ入江慎也の次にクビになる人も…!? 最も闇営業している芸人たちの存在とは!?

関連キーワード:

,

,

,

,

カラテカ入江慎也の次にクビになる人も…!? 最も闇営業している芸人たちの存在とは!?の画像1
入江式 のしあがる力(ちから。)/ゴマブックス株式会社

 カラテカ入江慎也が仲介役となり、多数の売れっ子芸人がオレオ レ詐欺グループの忘年会に出席していたことが「フライデー」 の記事で発覚した。反社会的勢力を相手に事務所を通さず闇営業していたことを重く見た吉本興業は、主導した入江との契約を解除、出席した宮迫博之、田村亮、レイザーラモンHG、 福島善成を厳重注意とした。吉本芸人の間では闇営業は蔓延しており、今回の件は氷山の一角に過ぎないのだが、こういう事態に陥ったのは吉本興業の構造に“欠陥“があるからだ。

 入江を除いて、宮迫や田村は「ギャラはもらっていない」と主張し ているが、そんなことを信じている芸人はいないだろう。宮迫を可愛がっている松本人志ですら「ワイドナショー」で「正直言うと、 (ノーギャラは)ないと思いますね。何らかのお金は受け取っていると。どういうふうに分配されたかは分からないけど」と踏み込んだ。 レギュラー番組を持つ宮迫や田村を守るために、入江一人に責任を負わせて切った、というのが大方の見方だ。

 今回の件で話題になっているのは闇営業という単語だが、実態はどうなのか? 現役の吉本芸人は「多かれ少なかれ、みんなやってる、やったこと があると思います。テレビでレギュラーを持つとリスクを考えて止める人もいますが、その場で現金をもらえるトッパライは魅力的。こっそり続けている人もいます。いくら稼いでいると言っても、家では奥さんに財布の紐を握られて自由になるカネが無いという人もいますからね」

 吉本はギャラの配分が9対1と、ネタにされるほど給料が安いことで有名で、特に若手はほとんどバイトをしながら生活している。それゆえに闇営業に手を出して、生活費の足しにしていると様々なメディアで報じられているが、実はもっとも闇営業に積極的なのは中堅芸人だ。

「吉本の中堅に対する扱いは本当にひどい。各地に劇場を抱えているが、基本的に若手が優先となり、中堅はどんどん出られ なくなってきている。マネージャーはほとんど仕事を持ってこず、 放置プレー。ちょっとテレビに出て顔が知られている中堅芸人たちがもっとも闇営業に熱心に取り組んでいる。自分たちで仕事を取ってきたのに、何もしてくれない吉本に報告する芸人なんて居るわけがない。ギャラを抜かれるだけですから」(前出芸人)

 養成所を通して芸人の数だけはどんどん増やしたため、“最後の砦 ”の劇場にすら出られない。代わりにテレビや地方営業の仕事を取 ってきてくれるわけもない。となれば、 自分たちで営業して仕事を取ってくるしかないのだ。つまり、吉本芸人は構造的に闇営業がないと成り立たない構造になっているということだ。

「 もちろん吉本的には闇営業は禁止です。入江さんたちはバレてしまい契約解除となりましたが、こんなことで闇営業は無くならないで しょう。テレビでレギュラーを持っている人気芸人を除いて、バレたら吉本を辞めればいいだけ、と思っていますよ。だって所属していたって、何をしてくれるわけでもないですから」(前出芸人)

 第二、第三の入江慎也がいつ現れてもおかしくない。絶賛闇営業中の芸人は、次にクビに可能性があるのでは…とこの騒動をみていることだろう。

関連記事【インタビュー】40人以上の吉本芸人に抱かれた女!? カラテカ入江が語る「本当にヤバいトラウマエピソード6」

文=吉田寿、文=編集部

関連キーワード