“雨上がり決死隊・宮迫博之好み”の女性を斡旋!? 「すぐヤレる子いない?」カラテカ入江慎也のドン引き“献上力”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
入江式 のしあがる力(ちから。)/ゴマブックス株式会社

「身から出た錆。同情の余地もない」

 そう吐き捨てるのはお笑い関係者だ。〝ともだち5000人〟を自称する「カラテカ」の入江慎也が6日、写真週刊誌「フライデー」(講談社)で、振り込め詐欺グループの忘年会に同僚芸人を参加させる仲介を行ったことが報じられ、吉本興業を解雇された。参加した芸人は入江のほか「雨上がり決死隊」の宮迫博之、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮、「ガリットチュウ」福島善成、レイザーラモンHGら。俗に言う「闇営業」で、所属の吉本興業を通さずに、直で仕事を受けるため、高額なギャラがまるまる懐に入る。吉本に近い関係者によると「吉本が問題視したのは闇営業ではない。やはり暴力団や半グレといった反社会的勢力が主催する宴会に無断で参加したことだ」と話す。

 同誌によれば、入江の仲介で参加した宮迫らは1人当たり100万円のギャラを手にしたという。金の出所がまともであれば、まだ情状酌量の余地はあったが、この大規模詐欺グループは2015年6月に摘発され、男女40人を一斉逮捕。被害額は全国で40億円以上にのぼる。入江や宮迫は「ギャラは一銭ももらっていない」と主張しているが、報酬なしで見ず知らずの人のパーティーで余興をやるとは考えづらいが…。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。