“雨上がり決死隊・宮迫博之好み”の女性を斡旋!? 「すぐヤレる子いない?」カラテカ入江慎也のドン引き“献上力”とは?

雨上がり決死隊・宮迫博之好みの女性を斡旋!? 「すぐヤレる子いない?」カラテカ入江慎也のドン引き献上力とは?の画像1
入江式 のしあがる力(ちから。)/ゴマブックス株式会社

「身から出た錆。同情の余地もない」

 そう吐き捨てるのはお笑い関係者だ。〝ともだち5000人〟を自称する「カラテカ」の入江慎也が6日、写真週刊誌「フライデー」(講談社)で、振り込め詐欺グループの忘年会に同僚芸人を参加させる仲介を行ったことが報じられ、吉本興業を解雇された。参加した芸人は入江のほか「雨上がり決死隊」の宮迫博之、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮、「ガリットチュウ」福島善成、レイザーラモンHGら。俗に言う「闇営業」で、所属の吉本興業を通さずに、直で仕事を受けるため、高額なギャラがまるまる懐に入る。吉本に近い関係者によると「吉本が問題視したのは闇営業ではない。やはり暴力団や半グレといった反社会的勢力が主催する宴会に無断で参加したことだ」と話す。

 同誌によれば、入江の仲介で参加した宮迫らは1人当たり100万円のギャラを手にしたという。金の出所がまともであれば、まだ情状酌量の余地はあったが、この大規模詐欺グループは2015年6月に摘発され、男女40人を一斉逮捕。被害額は全国で40億円以上にのぼる。入江や宮迫は「ギャラは一銭ももらっていない」と主張しているが、報酬なしで見ず知らずの人のパーティーで余興をやるとは考えづらいが…。

 入江は15年10月に自慢の人脈を活かしたコンサル企業「イリエコネクション」を設立。年商は1億円以上というが「そもそもこの会社が『闇営業斡旋会社』とみなされていた。今回のほかにもトラブルがあったと言われている。今回の解雇劇は1発レッドではなく、累積だ」(お笑い関係者)という。

 食えない芸人にとって入江は闇営業を回してくれる神。他方で、入江の評判はあまり芳しくなかった。事情を知る関係者の話。「入江がそこまでの地位に上り詰めたのは、女性を力のある先輩芸人に“献上”してきたからですよ。その筆頭が宮迫。入江は宮迫の好みのタイプを聞き、それに合った女性を提供してきた。彼がテレビに出られるのは芸人としての面白さではなく、“献上力“によるもの。ある意味、かわいそうな男ではあります」

 入江はとにかくパーティーと名の付くものに片っ端から参加し、そこで自身の名刺を配りながら、女性をナンパ。「ひたすらエロい子を探していましたね。露骨に『すぐヤレちゃう子いない?』と聞いてくることもありました。女性を性のはけ口としか捉えていない態度に腹が立ちました」(同席した30代女性)

 しかもケチというから始末が悪い。別の女性は「しつこく誘われて飲み会に参加したのに、二次会に移動する時のタクシー代は割り勘でした」と明かす。

 先輩芸人に気に入られるために、女性を物色し、献上する人生――。それが実り、年商1億円企業を作ることに成功したが、今回のスキャンダルですべて消し飛びそうだ。

「反社会的勢力と繋がりがあると大々的に報じられてしまいましたからね。吉本では全社員に入江との接触禁止を通達したそうです。入江が成功できたのは、吉本興業という金看板があったから。今後は会社経営も岐路に立たされるのでは」(冒頭お笑い関係者)

 ネット上では「人脈に生かされ、人脈に殺された悲しき男」と揶揄されているが、全くその通りだ。

関連記事【インタビュー】40人以上の吉本芸人に抱かれた女!? カラテカ入江が語る「本当にヤバいトラウマエピソード6」

文=田中ゆうじ

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ