椎名林檎が“水着強要”で泣いた!? 菅田将暉も…過去のセクハラ被害を明かした芸能人4人!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は、「COUNT DOWN TV」公式Twitterより

 今年の5月に放送された『COUNT DOWN TV』(TBS系)に、ミュージシャンの椎名林檎(40)が登場。デビュー当時、セクハラ被害にあったことを明かして話題になっている。

 番組では「20周年事件簿TOP3」と題して、歌手活動の中で印象に残った出来事をインタビュー。椎名はデビュー間もない頃の営業で、「プールサイドでの収録なんで、水着を着てほしい」とメーカーに言われたことを明かした。また「ゴースト(ライター)いるんでしょ?」「本当は何歳なの?」といった質問を受け、涙が出るほどの怒りを覚えたという。

 視聴者からは、「曲に関係なく水着を着てこいとか、完全なセクハラ」「20年経っても忘れられないって、相当悔しかったんだろうね」「聞いてて悲しくなる。女が舐められないためには個性派になるしかないのかな」と怒りの声が上がっている。

 今回は椎名のように、過去のセクハラ被害を明かした芸能人をご紹介していこう。

 

●菅田将暉

画像は、「菅田将暉」MUSIC OFFICIALサイトより

 今年1月に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、俳優の菅田将暉(26)が出演。番組の中で、オフの日に「オバ様3人に抱きつかれたことは罪になるのか?」と相談した。

 菅田の「おじさんが若い子に抱きついたら絶対セクハラなのに、女性だとOKなの?」という疑問に、北村晴男弁護士は「基本的には犯罪行為に当たる」と回答。北村は「最近ファンによる行き過ぎた行為が問題になっている」と話し、スタジオの全員から共感の声が上がっている。ネット上では、「受け手が嫌だと思ったらセクハラって騒ぐ女は多いのに、男になら何してもいいと思ってる女は怖い」「芸能人だろうが何だろうが、いきなり抱きつかれたらイヤでしょ」「男性へのセクハラも、もっと問題になるべきだと思う」など厳しい意見が飛び交った。

コメント

1:匿名 2019年6月14日 20:46 | 返信

日本人がこんな芸能ごときでワーワー騒いでいられるのも残りあと数年ほどだ。
数年後の未来では世の中は70~80年前ほどに逆戻りする。
トカナやムーのような記事なら嘘やインチキですむがこの話はそうはいかない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。