「宮迫博之もアウト」は間違い!? 吉本芸人“闇営業問題”を根底から覆す激ヤバ情報! 闇社会の印象操作はすでに始まっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
カラテカ入江慎也の次にクビになる人も…!? 最も闇営業している芸人たちの存在とは!?の画像1
入江式 のしあがる力(ちから。)/ゴマブックス株式会社

「情報操作されまくっているので、気をつけた方がいいですよ」。そう証言するのは、元暴力団関係者だ。お笑いコンビ「カラテカ」の入江慎也が、振り込め詐欺グループの忘年会に同僚芸人を仲介していたことが発覚し、吉本興業を解雇された。入江とともに参加していた「雨上がり決死隊宮迫博之や「ロンドンブーツ1号2号」田村亮らは厳重注意処分。完全なるトカゲの尻尾切りで、宮迫もアウトだという声が上がっているが、騒動はこれでは終わらない。

 焦点となっているのは、詐欺グループ側から報酬が支払われたか、否か。この問題をスクープした写真週刊誌「フライデー」(講談社)によれば、宮迫らのギャラは100万円だったそうだが、宮迫および吉本興業は「ノーギャラだった」と意見が食い違っている。ワイドショー関係者の話。

「宮迫さんは音楽デュオ『くず』の代表曲を歌うなど、大フィーバー。これでノーギャラというのは考えづらく、先輩の『ダウンタウン』松本人志もレギュラー番組内で『正直言うと、(ノーギャラは)ないと思う』と証言した。世間も『本当はもらったんでしょ!?』と疑っている」

 今週発売の週刊誌で金銭の授受や、宮迫のトーク内容に関する〝第2弾〟も報じられているが、その一方で、冒頭の関係者は「舞台裏は想像以上にドロドロ。一連の動画&写真はお小遣い稼ぎに何者かがフライデーに持ち込んだものではなく、〝吉本潰し〟の明確な意志がある」と断言する。

 問題の詐欺グループは2015年6月に摘発され、男女40人が一斉逮捕された。被害額は全国で40億円以上にのぼる。本来ならば、その直後に今回のスキャンダルが弾けてもおかしくなかったが、なぜか4年後の今、突然吹き出した。

 別の関係者が声を潜めて話す。「どうも、吉本興業と裏社会のある勢力がかねてトラブルになっていて、『○○のヤバイ写真を出す』だの『○○のシャレにならない過去をバラす』など、ゆすっていたという情報がある。それを拒否し続けていたら、今回のネタが出たと聞いた」

コメント

3:匿名 2019年9月2日 09:39 | 返信

暴排条例は暴力団と関係のある一般人を逮捕する為のものだから今更だよ

2:匿名 2019年6月30日 00:37 | 返信

まあ、芸人に限った訳ではないが、演芸に演歌。噂レベルならav…にE…Eに、、、
割りと蔓延っている。
大成する前に「支援」と云うカタチで接触してくるし、拒否れば一生付きまとう。若しくはマジで潰しにくる。
関連者を一斉に一掃したら誰が残る??

今回のは、「見せしめ」なんだろうなぁ

1:匿名 2019年6月13日 17:11 | 返信

誰が見てもゆすってるよね。
芸人も脇が甘いけど、こんな輩を野放しがおかしい。
反社から提供された情報を素人を装ったヤクザがゆすってる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。