メドベージェワに“不幸の手紙”を送ったのは羽生結弦ファン!? マスコミが一切報じない“ゆづタブー”が発動中か!?

メドベージェワに不幸の手紙を送ったのは羽生結弦ファン!? マスコミが一切報じないゆづタブーが発動中か!?の画像1
蒼い炎/扶桑社


「この件に関しては、どのメディアも踏み込んだ報道は控えています。羽生結弦選手がらみの可能性があるからです」。“ゆづタブー”の発動をほのめかすのはテレビ関係者だ。

 先日、日本のアイスショーに出演したフィギュアスケート女子平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワが、中傷の手紙を受け取っていたことが判明した。その中身がまた強烈だ。同じくアイスショーに参加したジョニー・ウィアー氏が手紙の内容をツイッターなどに投稿。そこにはこう書かれている。

「DEVIL(悪魔) 日本から出て行け。日本でお前の顔を見たいと思っている人はいない。日本人はみんながお前を嫌っている。ロシアに帰れ!日本から出て行け!」

 ウィアー氏は「私たちのスケート仲間の一人が今日、〝ファン〟からこのメッセージを受け取りました。長くフィギュアスケートに携わる者として、この振る舞いは受け入れられるものではない。選手すべてのファンにはならなくても、選手全員を尊重しなければいけない」と怒りのコメント。当のメドベージェワはインスタグラムのストーリーズ機能を更新し「サポートと優しい言葉をありがとう。私は全然気にしてないわ。この手紙は私を傷つけるものではなかった。こんなことは1度や、2度、3度目でもない。今日のショーは関係なく素晴らしかった。楽しんでくれることを願っています。PSジョニー・ウィアーのような最高の友達は私にはもったいないわ。大好きです」とつづった。

 気になるのは手紙を送り付けた犯人。下世話なマスコミのことだから、こぞって犯人探しするかと思いきや…。現時点で送り主に関する報道はゼロ。〝らしくない〟のはナゼか? 週刊誌記者が声を潜めて語る。

「マスコミはうすうす気付いているはずです。羽生(結弦)ファンが怪しいということを…。メドベージェワは羽生ファンを公言し、一部で密着ツーショット写真が流出したこともある。これが羽生ファンを刺激したことは言うまでもありません。ただ。怪しいとわかっていても、記事で匂わすことすらできないのが現状です」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ