本当は怖い、映画「アラジン」の元ネタ! 中国が舞台で殺人・詐欺・性的描写が満載… 映画にはない“続き”も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
本当は怖い、映画「アラジン」の元ネタ! 中国が舞台で殺人・詐欺・性的描写が満載… 映画にはない続きも!の画像1
画像は「日本テレビ」より引用

 現在劇場公開中の映画「アラジン」。1992年に公開された同名のディズニー映画の実写版で、砂漠の王国を舞台に、魔法のランプを手に入れた貧しくも心優しい青年アラジンが、美しい王女ジャスミンとの恋を成就させるため、悪の魔法使いと戦うという夢と魔法と冒険の物語である。

 誰もが知るとおり、この「アラジン」はおとぎ話の「アラジンと魔法のランプ」を原作とした物語である。誰もが子供の頃に一度は聞かされた話であるが、その出典である「千夜一夜物語」は、子供向けとのイメージとは裏腹に、残酷だったりエロティックだったり、かなり大人向けの内容である。

 それも当然のことで、千夜一夜物語は王妃に浮気されて女性不信になり、毎夜処女を呼んでは翌朝には殺していた残虐な王を諌めるため、大臣の娘シェヘラザードが命がけで毎夜紡ぎ続けた……という設定で語られる物語だからだ。元々が大人向けであるため、不貞、詐欺、拷問、殺人などなど、そのままではとても子供には話せないような物語ばかりなのだ。

 そしてこのアラジンと魔法のランプも、千夜一夜物語ではディズニー映画とはかなり異なった物語となっている。

■舞台は中国で、アラジンは怠け者

 千夜一夜物語のアラジンと魔法のランプは中国を舞台とした物語だ。映画では誠実で賢いアラジンだが、原作では母親と貧しい暮らしを送る怠け者で、父親は彼の怠惰さを嘆いて死んでいる。また、物語のキーとなる魔人も二人出てくる。一人はおなじみランプの魔人で、もう一人は指輪の魔人だ。

 怠け者のアラジンはアフリカから来た魔法使いに騙され、魔法のランプの洞窟に入るが出られなくなる。魔法使いに見捨てられてしまうが、お守りの指輪から出てきた魔人に助けられ、無事家に帰ることができた。ランプを売ろうと磨いているうちに魔人を呼び出したアラジンは、魔人のおかげで巨万の富を得る。

コメント

2:匿名 2019年6月15日 13:06 | 返信

ディズニーのアラジンも怠け者じゃん。
お金なくて食べ物盗むトンデモナイ奴だよ?まともに働かないからお金ないんでしょ。それを「食べるためなんだからいいだろ」みたいな歌まで歌ってる。
ジャスミンの親父も腑抜けたマザコンみたいな王様だし、きっとジャスミンも王女だけれど育ちはあまり良くない。親父があんなだからね。
でも、あの作品見て泣いたわ(笑)
人物像だの元ネタがどーだの、関係ないんだよ。

1:匿名 2019年6月15日 10:35 | 返信

そもそもさ、ウォルトディズニーが誰なのかわかったら。なんでこんな野蛮な元ネタで映画やアニメを作るのか、その意味がはっきりわかると思うよ。興味あれば調べてみてね。
ネズミーマウスの誕生日は『11月18日』なんだってw
数字の意味がわかる人ならこの数字に恐怖を感じるはずw
だから彼は本当はネズミですらないんだよw
ネズミでないとしたらなんなのかな?そしてこの数字の意味は?w

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。