KANA-BOON飯田祐馬が無事帰還も、ファン激怒の可能性!? 失踪は幸福の科学出家ではなく単なる “暴走”か!? 文春の予言も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
KANA-BOON飯田祐馬の失踪、幸福の科学出家説ではなく暴走か!?  文春がこのタイミングでゲス記事を再掲…の画像1
kanaboonオフィシャルサイトより引用


 カナブン飯田はどこに飛んで行ったのか――。4人組ロックバンド「KANA-BOON」でベースを務める飯田(めしだ)祐馬が今月5日から音信普通になっていることがわかったが、16日16時、オフィシャルサイトにて無事帰還されたことが発表された。

「KANA-BOON 飯田祐馬(Ba)の無事が確認できましたことをご報告致します。この度は、皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。6月5日(水)より、音信不通の状態が続いておりました飯田祐馬(Ba)ですが、昨日6月15日(土)の深夜にご家族より、本人が帰宅したとの一報を受けました。ご家族によると、憔悴してはいるものの、怪我などはないとのことで、警察にもその旨を報告しております。KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております。改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます」(オフィシャルサイトより引用)


 これまで、ファンも心配するなか、残されたメンバーは「僕達の元へも、めしだの現在の状況は届いておらず、心の整理がついていない」「事故に遭ったのではないか、なにかトラブルに巻き込まれたのではないか、という可能性も頭をよぎってしまいます」と危惧する一方で「お誘いを頂いて決まっているライブがたくさんあります。なので、とにかくめしだが無事に戻ってくることを信じながら、KANA-BOONとしての活動を休止せずに続けていきたいと思っています」と、3人でのバンド継続を早々と宣言していた。そのため、音楽関係者からは「見つかるまでしばらく活動休止するものと思ったが…。4人から3人になっても問題ないということなのか」と疑問の声も噴出していたのだ。飯田のスマホの電源は切られ、LINEを送信しても既読にならない“異常事態”だが、スポーツ紙記者によると「所属レコード会社の社員や捜索願が出された警視庁成城署の捜査員からは、緊迫した雰囲気は感じられない。何らかの心当たりがあるのだと思う」というなど、事件性がない可能性が高いといわれていたが、それが的中したかたちとなる。

 さらにそれを決定づけたのが、文春だった。

コメント

3:匿名 2019年6月19日 02:27 | 返信

この記事
結局事件の感想文で終わりだな
何をしてたかとか
どういう経路か掴んだのかと思ったが

女性週刊誌の見出しだけみたいな記事

2:匿名 2019年6月17日 22:44 | 返信

暗に仕事面でのメンバーとの溝だったのか?
アニメとか好まない??

1:わんぽ 2019年6月17日 11:02 | 返信

無事でなにより。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。