肉食系男子の代表格の意外な俳優も…「ヤバめの性癖を持つ芸能人」を一斉暴露!

関連キーワード:

,

,

,

画像は「Getty Images」より引用

 人それぞれに癖がある。その中でも特に個性がわかれると言われるのが性癖だ。フェチと呼ばれるものも含まれるが、個性的な人も多い芸能人には性癖の面でも個性的な人間が多いのではないか。そんな疑問を関係者にぶつけ、具体的な名前と性癖の中身を聞いた。

「SMプレイに関しては一般の方々でも今は実践される人も多いので、芸能界でも珍しくないですがドSやドMの部類に入る極度の愛好者もいます。中でもドMの人が好きな寝取られプレイを愛好する人もいます。現実にどこまでしているのかは不明ですが寝取られ願望が有名なのが優しい役も多い西村雅彦さんです。妄想の中で愉しんでいるだけの可能性もありますが、実行している可能性もありますよね」(舞台関係者)

 ドMを極めると寝取られプレイを愛好するというが、大切なパートナーとの間で独自の手法で楽しんでいるのだろう。

 逆にドSの芸能人の話も出た。

「女性タレントから聞いた話ですが、筋肉質で知られる人気イケメン役者・Iは行為中に首を絞めるのが好きだそうです。もちろん、ギリギリの強さで締めていますが、苦しんでいる女性の表情を見るのが好きみたいですね」(芸能プロマネージャー)

 こちらもドSを極めて辿り着いたプレイなのだろう。苦悶する表情を今も楽しんでいるのだろうか。

 また、SEX中の体位に関してこだわりを持っていると言われるのはあのメガネ俳優だ。

「メガネが特徴的で、割と小柄な個性派俳優のHさんはアクロバットな体位を好みます。駅弁スタイルや立ったまま片足を上げさせた状態での挿入などを好むんです」(女性アイドルのマネージャー)

 最近は正常位をこよなく愛する男性諸氏も多いというが、肉食系男子の代表格とも言える性癖だ。

 最後は、そもそも1対1ではない行為を愛する芸能人の名前があがった。

「いわゆる3Pや4P、乱交のような行為が好きなのがイケメン人気俳優で最近は実力も認められてきているOさんです。かつては女好きで有名で、そのころは芸能界の女性を片っ端から抱いていましたが、だんだん面倒になったのか同時に呼び出すようになって乱交パーティーをしていましたね」(テレビ局プロデューサー)

 アダルトビデオの中でしか見たことのない行為を当たり前におこなっていたというから驚きだ。

 無論、芸能界のみならず世間一般でもこうした行為を愛する人は多い。そのため、あくまでも趣味趣向の範囲であり、婚外行為でなければ何も問題がなく、異常ではないことを明記しておきたい。

文=吉沢ひかる

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ