「安楽死」を拒否された17歳美少女、絶食して“餓死自殺”を遂行! 強姦によるトラウマで… 最期の様子とは!?

「安楽死」を拒否された17歳美少女、絶食して餓死自殺を遂行! 強姦によるトラウマで… 最期の様子とは!?の画像2
「The Guardian」の記事より

■治療を拒否し安楽死が認められる

 もちろん、ノアさんの両親も手をこまねいていたわけではない。両親は、重いうつ病に使われる電気ショック治療を受けられる病院を熱心に探してきた。しかし病院からは、ノアさんの年齢を理由に治療を断られたのだ。

 またノアさんは昨年、両親に秘密でオランダ、ハーグにある「終末期クリニック」にコンタクトを取っている。しかし終末期クリニックの人々も、ノアさんの年齢を理由に安楽死を断った。

「クリニックの人々は、私が死ぬには若すぎると言いました」と彼女は話す。クリニックの医者はノアさんに、まずトラウマの治療を終えることが先決で、また人間の脳は21歳頃まで成長し続けるので、安楽死を決定するには、21歳まで待たなければならないと伝えた。

「その答えは私を打ちのめしました。私はそれほど長く待つことはできないと感じました」

 そしてノアさんは今年初め、これ以上の治療は受けないと決めた。

 彼女は両親の家に戻り、あらゆる食べ物や水分を拒否した。彼女の両親と医者は、彼女に強制的に栄養を与えないことに同意したと伝えられている。オランダの医療ガイドラインでは、患者が同意しない場合、医療提供者は治療や看護を提供してはならないと規定されている。

 ノアさんは既に削除されたインスタグラムに、「周囲の人や医療関係者は、多くの議論、検討の結果、希望通りに私を逝かせることにしました」と投稿した。彼女は10日以内に死ぬと予想していると述べ、最後の日々を親密な家族に別れを告げるために費やした。

「安楽死」を拒否された17歳美少女、絶食して“餓死自殺”を遂行! 強姦によるトラウマで… 最期の様子とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル