「安楽死」を拒否された17歳美少女、絶食して“餓死自殺”を遂行! 強姦によるトラウマで… 最期の様子とは!?

「安楽死」を拒否された17歳美少女、絶食して餓死自殺を遂行! 強姦によるトラウマで… 最期の様子とは!?の画像3
「NewsHub」の記事より

■オランダの安楽死の状況

 オランダでは2002年以来、医師による安楽死、そして患者自身が命を終わらせる手段を与えられる自殺ほう助は合法だ。

 安楽死および自殺ほう助を規制する法律では、対象になる患者は「改善の見込みがなく、耐えがたい苦しみを持っている」ことが条件づけられており、安楽死や自殺ほう助への要求は他人の影響下ではなく、自発的に行う必要がある。

 その他にもこの法律には、明確なルールがある。

 患者が自分の状態、見込みおよび選択について十分に知らされていること、別の独立した医師からの同意があること、安楽死や自殺ほう助の処置が行われる時、そこには医師が立ち会うことなどである。また12~16歳の子どもは、両親の同意が必要である。

 2017年、オランダでの全死亡者の4%(6091人)は安楽死によるものであった。その80%以上は不治の癌、神経学的疾患、心血管疾患または肺疾患の患者である。精神障害によるものは1%、そして18歳未満で安楽死を選んだものはわずか1人であった。

■「安楽死」についてのメディア報道

 筆者も当初、この「17歳が安楽死」のニュースを読み、安楽死を選択するにしてはあまりにも若いので、ただ驚いたが、実際は少女の強い意志による“自殺”と呼べる死であった。

 このように若い少女が、強い意志で死を選択したことは非常に悲しい。ノアさんのレイプは、彼女の精神状態が警察に証言することにとても耐えられないため、事件にさえなっていない。ノアさんの母親は、加害者がいつの日か捕らえられることを望み、こう語った。

「彼らは、自分のしたことを知っている必要があります」

参考:「The Guardian」、「NewsHub」、「Business Insider」、ほか

文=三橋ココ

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「安楽死」を拒否された17歳美少女、絶食して“餓死自殺”を遂行! 強姦によるトラウマで… 最期の様子とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル