「ゲストの発言を謝罪する」というTV局の態度はいかがなものか?現場も嘆く、失われた“多様な意見”

「ゲストの発言を謝罪する」というTV局の態度はいかがなものか?現場も嘆く、失われた多様な意見の画像1


 「ワイドナショー」(フジテレビ系)内における発言は新聞などのニュースでも度々取り上げられるが、出演者の松本人志の発言を巡ってフジテレビが事実上の謝罪に追い込まれたのは記憶に新しい。

 神奈川県川崎市におけるスクールバスの襲撃事件の加害者に対して「不良品」と発言したものが取り上げられた格好だが、フジテレビが謝罪するような姿勢で挑んだことには業界内からクレームがあがっているという。

「局アナが発言した内容であれば局が謝罪するのはわかりますし、放送禁止用語を織り交ぜたのであれば謝罪も理解できます。しかし、あくまでもコメンテーターとしての出演であり、個人の意見を言っただけです。世の中には様々な意見があり、それを伝えるためにニュースやワイドショーはゲストを呼んで意見を言ってもらっているんです。それなのに苦情が来たからといって即座に謝罪するのは現場に委縮を呼び込みます」(東京キー局ワイドショープロデューサー)

 たしかにコメンテーターである以上は様々な意見、表現手段があって当然だ。

「最近は一部の視聴者や市民団体から苦情が来れば即座に謝罪する行為が目立っています。そこまで苦情の数が多くなくても大声で怒鳴られると怖がって謝罪してしまえという論調になるんです。結局、声の大きい人の意見が世間の声のように扱われているので、相手も調子付いてクレームが趣味のようになっている人も増えています。そのため、これからも同じことが続くかと気が思いやられます」(同)

 正当なクレームは受け入れるべきだが、たしかに趣味レベルのクレーマーは勘弁してほしいところだろう。

「報道番組はまだしもワイドショーは様々な出来事をスタジオにいる人間たちが議論するのがベースです。これらの意見をもとに世間の皆さんにも考えてもらうことが大切なんです。そもそも全ての人が共感する意見なんてこの世にはありません。ほかの人が自分と違う考え方を持っているからと言って怒るなんて、いよいよ日本は危険水域に入っていると思いますよ」(同)

 意見の多様化ということで言えばクレームを入れるという意見があってもそれはそれで正しい。しかし、それを正当化するならばやはりテレビ番組内の多様な発言も正当なものとして評価するべきだろう。真面目な評論家が言えないストレートな意見を言うのも芸人に課せられた仕事のひとつであり、良い悪いは別にしてひとつの意見として受け止めておきたいものである。

文=吉沢ひかる

関連記事

    関連キーワード

    コメント

    2:匿名 2019年7月2日 08:01 | 返信

    不良品という認識が人を殺させるきっかけを生んでいるんだけどね
    そういう点はスルーなわけよ
    言いたいこと言って与える影響には知らん顔

    1:アホカナ? 2019年7月1日 07:23 | 返信

    トカナで扱うテーマか?
    アホカナ?!
    トカナはアホになったのカナ?!

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。