【緊急警告】「イスラム国」が再組織化、近々完全復活で作戦実行か! 米が致命的ミス連発で最悪のシナリオ… 調査で判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【緊急警告】「イスラム国」が再組織化、近々完全復活で作戦実行か! 米が致命的ミス連発で最悪のシナリオ… 調査で判明!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 

「イスラム国」が復活の兆しを見せていることが、米・シンクタンク「Institute for the Study of War」の研究で分かった。

・「ISIS’S SECOND COMEBACK: ASSESSING THE NEXT ISIS INSURGENCY」(Institute for the Study of War)

 先月、同シンクタンクは、「ISIS’S SECOND COMEBACK: ASSESSING THE NEXT ISIS INSURGENCY」と題された「イスラム国」の評価レポートを発表した。それによると、ISISはまだ敗北しておらず、ただモスル、ラッカといった拠点から兵士とその家族を一時撤退させたに過ぎないという。現在、ISIS兵士はイラクやシリア国内に散らばり、潜在的な脅威になっているとのことだ。

 さらに、ISISは世界的な金融ネットワークを維持しており、先頭に必要な武器などを購入し、軍を再編するだけの財力があるという。

 それに加え、現在も生死不明のISIS指導者アブー・バクル・アル=バグダーディは、2018年6月にイラクとシリアにおいてこれまでにない大規模作戦を展開すると宣言しており、その計画が水面下で進められているというのだ。

 こうした危機的状況を招いたのは、なによりもアメリカ政府の失策にあると同レポートは非難している。

「オバマ大統領が開始し、トランプ大統領が継続している、ゆっくりとしたISIS領土の縮小と戦力の縮減が、彼らに次の段階の戦争を準備させるだけの十分な時間を与えてしまった」

コメント

5:匿名 2019年7月5日 00:14 | 返信

本当に財力あるの?
逆に誰が何の目的と得策でこんなとこに金あげてるの?

4:匿名 2019年7月3日 20:52 | 返信

テロリストを兵士と呼ぶなよ

3:匿名 2019年7月3日 20:51 | 返信

しかも先頭って!戦闘だよね?誤字多すぎる。意識してないのにけっこう目につく。まぁネットの記事だからな!

2:匿名 2019年7月3日 20:50 | 返信

2018年6月に作戦開始って去年だけど、、、
今もうやってんの?

1:匿名ホモのミクス 2019年7月3日 18:09 | 返信

ラム肉を捌くのと同じじゃないかラームーコー

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。