異常性欲オナニー、賢者タイム、絶倫…意外と知らない“性欲とホルモン”の真実! 天才・亜留間次郎が徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服のための科学】

画像は「Getty Images」より引用


■性欲ホルモン

 人間の男性には性欲を抑制するプロラクチンというホルモンがあります。

 重度の鬱病患者に処方されるエビリファイには、副作用の一つとして、異常性欲を起こしオナニーが止められなくなったり性的倒錯の発症例が報告されています。このため2016年にアメリカ食品医薬品局(FDA)は、衝動制御における副作用についての警告を追加していますが、日本では追加されていません。

 他にも色々なリスクが指摘されていて、暴飲暴食・浪費・異常性欲・ギャンブル依存・他人への加害行為などに及ぶ可能性があります。普通の鬱病の薬ではダメな患者に処方される強い薬なので、どうしても強い副作用があり、性欲意外にもいろいろとヤバイ物が暴走してしまうので慎重に投与しないと危険です。もちろん薬局では買えない医師の処方が必要な薬であり、劇薬指定されています。

 実はエビリファイの作用機序は不明で、どうして効くのかよくわかっていません。

 異常性欲が起こる理由もやはり不明なのですが、原因は薬剤性低プロラクチン血症との説があります。アメリカでの調査では、服用者の44%が低プロラクチン血症と診断されています。日本で流通している薬の添付文書にも、内分泌系の副作用としてプロラクチン低下があげられており、日本国内で行われた臨床試験では10.9%の被験者にプロラクチン低下の副作用が出ています。

 プロラクチンは、女性の妊娠から授乳までの長い期間にわたって重要な役目をするホルモンなので、女性ではかなり詳細に研究されていますが、男性の場合はあまり研究されていません。

 人間のホルモンは面倒な仕組みをしていて、視床下部からプロラクチン放出ホルモン(PRF)が出て、それを受け取った下垂体前葉がプロラクチンを出します。ところが、下垂体前葉が同時にドーパミンを大量に受け取ると、下垂体前葉はプロラクチンを出さないようになっています。

 つまり「ホルモンを出せと命令するホルモン」と「ホルモンを出すなと命令するホルモン」が一緒に出ているので、そのうち多い方が勝ってプロラクチンの放出量が決まります。

 エビリファイにはドーパミン刺激を調節する性質があり、人によっては性欲を抑制するプロラクチンの量が足りなくなっている可能性が指摘されています。衝動制御不能になって暴走するのはホルモン不足が原因なのです。

コメント

8:匿名 2019年7月22日 21:51 | 返信

人に嘘を付き搾取して殺しながら笑って一生を過ごした悪魔である白衣を着た豚も、いつかは必ず死ぬ。
三途の川を渡れば、泣き続ける事になるのは当たり前の話だ。
頭が悪いんだよ。
騙される方にも否がある場合が多々有る。

6.の人。
日本人が全員モンゴロイドなんです。

7:匿名 2019年7月17日 12:10 | 返信

科を越えた医師の連携が必要だと言われているけれど、ここのコメントを見てたらそれはかなり難しいんだなってことが分かった。患者の人生より自分の金もうけ。医師になるときは高い志があったろうに、いつ頃からそうなっていくんだろう。

6:源義経=チンギスハン説 2019年7月17日 05:18 | 返信

チンギスハンて確か日本人でしょ?(うろ覚え)
てことはモンゴル人の大半に日本人の血が混ざってるわけか。

5:匿名 2019年7月16日 21:52 | 返信

モンゴル人の1/3は、ジンギスカン(チンギス・ハーン)のDNAを持っていると聞いたことがある。ジンギスカンは、寝てるときと戦っている時以外は常に女を犯していたとの伝説もある。あながち嘘でもないようだ。

4:匿名 2019年7月16日 10:59 | 返信

瞑想やりだしてから性欲薄れたな~と思ってたけど恒常的にドーパミンが出るようになったせいでテストステロン抑制されてたってカラクリがあったのか!
英雄=精神疾患ってのはもう暗黙の了解だよね。マルセイ犯罪者も世が世なら英雄として名を残してたのかもね

3:匿名 2019年7月15日 17:56 | 返信

まず一番の大前提として『精神科とはもともと人を治すための所ではなく詐欺のために作られた所』であるということ。
これは私の誇大妄想などではなく『歴史を追えば誰にでもわかる』ことです。
精神医学の歴史とは詐欺師たちの歴史だったのです。(書籍やネットなどを参考にしてください)
それでそれに気がついた自称精神病者がショックを受けて一生懸命断薬に努めているんですよねw
でも精神薬ってほぼ『麻薬と同等』ですんで急にやめると犯罪を犯したりなど問題を起こす可能性があります(マジ)。
したがってやめる際は計画的に“少しずつ”量を減らしていくか、もしくは断薬に理解のある医師の門を叩くかの二択となります。
急にやめて問題を起こしても私は責任を取りかねますw

2:金 正恩 2019年7月15日 16:56 | 返信

わかっていてもあえて商売上やらないってコトもある。ホルモンバランスの異常で精神科の客が内分泌科へ逃げると向精神薬も売れない、客は完治したら商売あがったり。アフターピル売るより堕胎手術の方が産婦人科が儲かるからアフターピルの知名度があがらない、処方されないという例もあるし。

1:匿名 2019年7月15日 16:30 | 返信

なんだかわからない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。