胸糞悪すぎ…CBC田中優奈アナ「泥沼ゲス不倫」の結末がヤバい! 産休中の先輩アナの夫と関係、それを彼氏が発見…退社へ!?

関連キーワード:

,

,

,

,

胸糞悪すぎ…CBC田中優奈アナ「泥沼ゲス不倫」の結末がヤバい! 産休中の先輩アナの夫と関係、それを彼氏が発見…退社へ!?の画像1
CBCテレビ公式HPより

 一部スポーツ紙とネットメディアが伝えたCBCテレビの田中優奈アナウンサーのゲス不倫が、悲惨な結末を迎えそうだ。ことの発端は先月末に突如ネット上に出現した「CBC田中優奈アナ 不倫告発アカウント」なるツイッターページ。そこには田中アナが昨年3月ごろから、産休中の先輩アナの夫であるCBCのNディレクターと1年以上に渡って肉体関係にあると書かれていた。

“証拠品”もバッチリで、不倫の後始末について話し合う田中アナとN氏の音声データや、N氏が田中アナに宛てた“愛の手紙”、さらには田中アナとN氏のLINEのやりとりまでもが、無修正で流出。前出スポーツ紙によると、当事者同士の“秘めごと”を暴露したのは、N氏とは別に田中アナと交際していた東海テレビのK記者という。

「自分と付き合っている最中も、彼女がN氏と不倫関係にあったことに激怒したK記者は、彼女のスマホからデータを抜き取り、それをSNSで晒した。怒りに任せた“犯行“とはいえ、さすがにやりすぎ。複数のメディアで大々的に報じられることになってしまった」(テレビ関係者)

 これを受け、田中アナのプロフィール情報はCBCの公式サイトから削除され、担当番組「サンデードラゴンズ」のホームページからも顔写真と名前が消えた。先月30日放送の同番組に彼女の姿はなかった…。

 CBCテレビは一部マスコミの取材に「諸事情でお休みさせていただいています。現在、事実関係を調査しております」とコメント。東海テレビは「社員のプライバシーに関することはお答えいたしかねます」と回答している。

 その、騒動はどうなったのか? 最新情報によれば、田中アナ、N氏、K記者ともに大きな代償を払うことになったという。

「田中アナは先月末の段階で幹部に呼び出され、不倫の事実を認めて謝罪。ことが大きくなりすぎて正常な精神状態を保つことができず、大阪の実家に引きこもってしまったようだ。このままCBCは退社ということになるだろう。不倫相手のN氏も同局の懲罰委員会に召集され、長時間詰問された。彼もまた退社が濃厚。臨月の奥さんには同情の言葉すら見つからない」(内部関係者)。

“自爆テロ“ばりにすべてを暴露したK記者もただでは済まない。東海テレビの関係者によると「当初は『自分ではない』とシラを切っていたようだが、どう考えても無理があった。最終的には認めるほかなく、局内で大問題に。もともと、新人に毛が生えたレベルの分際でタクシーチケットのばら撒きや、車内で悪態を連発していた問題社員。女好きで『田中アナのことは言えない』という声もある。結果、満場一致で『こいつは外に出せない』となり、報道部記者から内勤に異動になるようだ」という。

 令和最初のゲス不倫は、救いようのない結末になってしまった――。

文=斉藤忠生

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ