吉本興業は講談社に「未来永劫NG」と絶縁宣言か!? 半グレ集団が大誤算、”闇営業問題”の潮目が変わった!?

吉本興業は講談社に「未来永劫NG」と絶縁宣言か!? 半グレ集団が大誤算、闇営業問題の潮目が変わった!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 潮目が変わった――。

雨上がり決死隊宮迫博之や「ロンドンブーツ1号2号田村亮らが関与した闇営業問題が新たな局面を迎えている。宮迫らは「カラテカ」入江慎也の仲介で、特殊詐欺グループの忘年会に出席。当初「ノーギャラだった」と主張していたが、週刊誌などで当時の関係者が次々と暴露したことを受け、前言撤回し、無期限謹慎処分となった。

吉本興業は先月27日に「決意表明」と題した文書を公表。「社員・タレントが一丸となってコンプライアンス遵守の再徹底を図ります」「二度とこのような事態が起こらないよう、改めてタレントに対するヒアリングを実施し、そこでコンプライアンスに反する関係や行動等が判明したり、疑義が生じた場合には徹底的に明らかにしたうえで速やかに対処いたします」などとした。中でもポイントとなるのは、以下の文言。

〈仮に反社会的勢力から不当な圧力や脅迫を受けることがあれば、関係各署・機関とも密接に連携し、徹底的に戦い、断固それを排除してまいる所存です〉

 ようは反社会的勢力との決別だけではなく、徹底抗戦を宣言したのだ。一連の闇営業に関する写真や動画は、反社会的勢力と繋がりのある半グレ集団がマスコミに持ち込んだことは当サイト既報通り。〝小遣い稼ぎ〟という軽い気持ちからスタートしたが、入江が吉本興業を解雇されたことで、半グレ集団が次々とマスコミにネタをリークしていった。

「その矢先に吉本から『決意表明』が出た。これは半グレ集団や、そのうしろに控える反社会的勢力にとって大誤算でした。いずれ(吉本が)泣きを入れると思っていたのに、闘うことを宣言したわけですから。決意表明以降、新たな写真や動画が出回らなくなったのは、想定外の事態になったからです」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ