若い黒人女性の4人に1人が「バイセクシャル」を自認していると新判明! 性的アイデンティティの変化をリードする黒人の今!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 驚きに値する調査結果がアメリカから届いた――。

■若い黒人女性の23%がバイセクシャル

「総合的社会調査」は、米国で1972年からほぼ毎年実施され、1994年からは隔年での実施となっている社会学的調査だ。人種関連から薬物使用に至るまで、質問は多岐に及ぶ。収集されたデータは、「自国の社会的変化の複雑さ」の解明のため、専門家が分析。そして2008年、調査はセクシャリティについても問い始めた。

若い黒人女性の4人に1人が「バイセクシャル」を自認していると新判明! 性的アイデンティティの変化をリードする黒人の今!の画像1
「Big Think」の記事より

 それによると、過去10年間で米国のゲイ、レズビアン、バイセクシュアル男性の自認割合は、ほとんど変わっていない。一方、バイセクシュアル女性は増加中で、10年前は65人に1人だったが、2018年には18人に1人以上となった。また、18歳~34歳の女性8人に1人以上がバイセクシャルを自認し、若年層のゲイ、レズビアン、バイセクシュアル男性を合わせた数の2倍以上となっている。

 驚くべきは、最新調査で18歳~34歳の黒人女性の、実に23%がバイセクシャルと自認していることだろう。ほぼ4人に1人――この割合は10年前の約3倍となっている。つまり、比較的短い期間に若い黒人女性の間で劇的な「性的アイデンティティの変化」が起こっていることになる。この割合は白人女性や他の人種集団の2倍以上だ。

若い黒人女性の4人に1人が「バイセクシャル」を自認していると新判明! 性的アイデンティティの変化をリードする黒人の今!の画像2
画像は「Wikipedia」より

 だが、なぜその年頃の黒人の女性たちだけに突出してバイセクシャルが多く、さらに増え続けているのだろうか。

 一説には、若い黒人女性の恋愛や結婚のパートナー不足が原因ともいわれている。

コメント

3:匿名 2019年7月13日 02:31 | 返信

匿名のアンケートで人種を答えさせるんだなあとか、「投獄率」なんて言葉はじめて聞いたなとか思った。しかし投獄される黒人男性が多い⇒同じ人種の男性がいないから黒人女性が同性の黒人に関心を向けるって、うーーん、big thinkの調査は信頼がおけるのだろうか。

2:匿名 2019年7月12日 02:05 | 返信

TVに出てるじゃん
君が知らないだけだよ

1:公認レズ 2019年7月11日 12:05 | 返信

日本ではホモやオカマは平気でTV出てんのに
レズやオナベはなぜ出てこないんだろう!?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。