本田翼のやる気のなさがすごい? 発言が炎上した芸能人4人!ゆきぽよにアノ人がブチ切れ!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
画像は、「スターダストプロモーション」公式サイトより

 芸能人にとって“炎上”騒動は命取りになりかねない。ところが何気なく発した言葉によって炎上してしまう人は後を絶たず、女優・モデルの本田翼(27)もそのひとりだ。

 昨年7月放送の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に本田がゲスト出演したときのこと。番組では農業の衰退やインフラの老朽化をテーマにトークが展開し、司会の明石家さんま(64)が「興味ないやろ」と本田に話題を振る場面があった。すると本田は「はい」と素直に答えてしまい、さんまから「『心配です』とか言わなあかんねん!」と注意を受けることに。また日本製品と海外製品のどちらがいいかという質問にも「どっちでもいいです」と答え、ネット上で「やる気のなさがすごいwww」「ゲームとか漫画にしか興味ないから」「演技力も微妙だけどトーク力も微妙だったか…」といった声が続出している。

今回は本田のように、発言が炎上した芸能人たちをご紹介しよう。

 

●片岡安祐美

画像は、「片岡安祐美」オフィシャルブログより

 まずは社会人野球チーム・茨城ゴールデンゴールズの選手兼監督・片岡安祐美(32)から。彼女は今年6月放送の『二軒目どうする? ~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)にゲスト出演。かつてバラエティ番組で「男友達が200人いる」「男はみんな私の事が好き」と発言して、炎上に発展した当時の状況を振り返っている。

 片岡の炎上騒動について進行役の博多大吉(48)は、「あんまりじゃないの」とコメント。片岡と親交の深い萩本欽一(78)の名前を挙げ、「本当にそういうコだったら、欽ちゃんは(片岡に)声をかけてないと思うんですけどね」と言う。さらに大吉が「実は全部テレビ局の演出でああなったみたい」と内情を暴露したところ、片岡は苦笑いを浮かべて「あの時は、ちょっとさすがに堪えましたね…」と本音を漏らしていた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。