【超・閲覧注意】宇宙人に解剖された人間の死体画像が流出! 人体パーツを切断、内臓もキレイに抽出…「グァラピランガ事件」真相は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【超・閲覧注意】宇宙人に解剖された人間の死体画像が流出! 人体パーツを切断、内臓もキレイに抽出…「グァラピランガ事件」真相は!?の画像1画像は、「Portal do Zacarias」より

 宇宙人(グレイ)の仕業とされる動物虐殺「キャトルミューティレーション」。その被害に遭った動物は、体の一部がくり抜かれ、血液や内臓も奪われてしまう。人間が犠牲となるケースも報告され、ネット上では議論を巻き起こしている。

 ブラジル・サンパウロにある貯水池レプレーザ・デ・グァラピランガのほとりで1988年9月2日、40歳男性の遺体が発見された。同国メディア「Portal do Zacarias」によると、身体部位や内臓が切り取られた遺体には、血液が一滴も残っていなかったという。

 5年後、スペイン語を教える女性教師、エンカルナシオン・サパタ・ガルシアさんがグァラピランガ事件について調査を開始した。彼女は、友人のルーベンス・ゴースさんから遺体の写真を見せられた。ルーベンスさんは、彼の従兄弟である警察の技術者、ルーベンス・セルジオさんから写真をもらったという。写真を見たエンカルナシオンさんは、グァラピランガ事件と動物が犠牲となったキャトルミューティレーション事件との間に共通点を見出した。

 問題の写真に収められているのは、左の眼球と耳、唇、舌、顎骨、陰茎などが切り取られた遺体である。肛門からは直腸が、へその部分に開けられた3センチの穴からは内臓が抜き取られたと見られている。肩と腕にも1~1.5センチ程度の穴が開いていて、筋肉組織も失われていた。専門家によると、これらの傷はレーザーのような器具によるもので、犠牲者は生きている状態で“解剖”されたという。一方、警察は、遺体には争いや拘束の形跡が見られなかったと報告している。

 グァラピランガ事件は1993年9月、「UFO Magazine」で初めて報告された。しかし、この雑誌は一部の愛好家にしか読まれていなかったため、一般人が事件に興味を持つことはなかった。宇宙人の存在を信じる人々は、犠牲者は“解剖”の最中に心臓発作で死亡したと主張する。一方、多くの人々は、宇宙人が犠牲者を殺害したという説を信じていない。専門家らは、遺体の損傷はネズミやハゲタカといった動物に食べられた痕跡であると分析する。

 グァラピランガ事件は、宇宙人によるキャトルミューティレーションだったのか、それとも野生生物が遺体を食い荒らしただけなのか? 現代の科学技術によって事件の真相が解明されることを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

7:匿名 2019年10月6日 21:18 | 返信

動物虐待って書いてるけど、キャトルって牛の事だから動物全般じゃないんだけどな。
こんなサイトに記事書いてる奴って本当にバカばっかりだな。

6:匿名 2019年7月13日 19:34 | 返信

>>5
わかりやすく書いてくれ

5:匿名 2019年7月11日 13:24 | 返信

情報源が怪しすぎるww
キャトル~にかすれば宇宙人の仕業ってか?
しかも宇宙人がいるってどころか、グレイ以外の宇宙人を知ってる前提で宇宙人(グレイ)って書いてるしww

4:匿名 2019年7月10日 20:22 | 返信

なお、グレイは人間じゃないから殺人にはならない。
動物でもないから、動物虐待にもならないから安心だ。

3:匿名 2019年7月10日 20:18 | 返信

他のネタにもコメントしたが、グレイを捕まえて食うと旨いかもしれない。
タコ型が醤油とわさびで食うと間違いなく旨いはずだが、グレイも絶対にいける。
緑の爬虫類型は不味いはずだぞ!

2:匿名 2019年7月10日 07:36 | 返信

3年後の日本人の姿(ガチ)
byチョンこくじんより(ウソ)

1:匿名 2019年7月9日 21:46 | 返信

鳥、動物、虫の仕業じゃないな!
やっぱエイリアンか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?