闇営業の宮迫「アメトーーク!」スタッフに直接謝罪なし!? 謝罪行脚は蛍原のみか!?

闇営業の宮迫「アメトーーク!」スタッフに直接謝罪なし!?  謝罪行脚は蛍原のみか!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 無名の若手芸人が仮に反社会的勢力の忘年会に出向いてギャラを受け取っても、ここまでの騒動にはならなかったはずだ。やはり、ゴールデンで冠番組まで持つ人気芸人が参加していたからこそ大きな騒動になっている。

 その代表格としてやり玉にあがるのが宮迫博之だが、彼がメインを張る「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の関係者からは早くも不穏な空気が漂ってきている。

「騒動が発覚したあとに現場の映像も出て、『アメトーーク』の収録現場に招待するという宮迫さんの喋りが出たとき、テレ朝の上層部はカンカンでした。反社会的な人間たちに言ったことも問題でしたが、相手が誰であれ番組を私物化したような発言に怒っていたんです。たしかに番組のメインMCですが、番組はスポンサーさんや各制作会社などが多くかかわるみんなのものです。それを自分のもののように発言したことにキレたわけです」(テレビ朝日番組関係者)

 たしかに私物化と言われても仕方がない言い方だった。

「ただ、現場のスタッフは冷静でリップサービスだろうとの受け止めでした。そのため、宮迫さんに対する怒りもなかったんですが、問題は吉本興業が謹慎を発表したあとの行動です」(同)

 一体何があったのか。

「謹慎になれば当然番組には出られなくなりますが、テレビ朝日のスタジオに来ることはできます。しかし、謹慎発表後、吉本の社員さんが説明に来ただけで宮迫さん自身は現場に来ていません。スタジオ以外にスタッフが会議をしている部屋に来るとか再編集している編集所に来るとか、方法はいくらでもあるんですが姿を見せず、直接の謝罪はないままなんです。代わりに謝罪行脚をおこなっているのが蛍原さんなんです」(同)

 文字通り謹慎という言葉を受け止めるならば家から一歩も出ないという選択をしたのかもしれないが、メインMCとしてお世話になり、再編集などで迷惑をかけたことに対する直接の謝罪はあって然るべきだろう。

「そのため、当初は仲間として捉えていたスタッフも少しずつ心が離れており、番組打ち切り論が局内で議論されているものの、番組スタッフは打ち切り阻止をはかろうともしていません。ただ、蛍原さんに関しては本当に気の毒なので、蛍原さんの活躍の場をどう維持するのかということは話し合っているようです」(同)

 騒動が明るみに出ても味方でいてくれようとした現場のスタッフを蔑ろにした結果、自ら未来の選択肢を狭めてしまったようだ。

文=吉沢ひかる

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ