火星で食事中のニホンザルを発見!? NASA探査機が激写、やはり火星は“猿の惑星”なのか!?

火星で食事中のニホンザルを発見!? NASA探査機が激写、やはり火星は猿の惑星なのか!?の画像1
画像は「YouTube」より引用

 これまで火星ではさまざまな生物が撮影されてきたが、今回は猿、しかもニホンザルに酷似した生物が火星にいたことが明らかになった。

 発見者はトカナでもお馴染みの世界的UFO研究家スコット・ウェアリング氏だ。

「私はこの猿を数年前に発見していましたが、NASAのオリジナル画像は今日まで見つけられていませんでした。オリジナル画像にもしっかりと猿が写っています」(ウェアリング氏)

・「NASA Jet Propulsion Laboratory」のオリジナル画像

火星で食事中のニホンザルを発見!? NASA探査機が激写、やはり火星は猿の惑星なのか!?の画像2
画像は「YouTube」より引用

 ウェアリング氏は以前にも「クモザル」らしき火星生物を発見しているが、今回の猿はどことなくニホンザルを彷彿とさせるシルエットだ。

 背中を丸めて手元を見つめているが、一体なにをしているのだろうか? 食事中なのかもしれない。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ